「ホロコースト 救出された子供たち」

マーク・ジョナサン・ハリス 監督・脚本

2000年(第73回)アカデミー 最優秀長編ドキュメンタリー賞








第二次世界大戦の直前。想像を絶する救出作戦によって、ナチ恐怖政治から

幼い犠牲者たちが救い出された。ユダヤ人をはじめ約1万人の子どもたちが、

ドイツ支配下の領土からイギリスの養家や宿泊所に搬送されたのである。その

中には、新しい家族の元に引きとられた者、1940年のロンドン大空襲を耐え

抜いた者たちもいた。また驚くべきことに、さまざまな手段で両親をヒトラーの暴

政から救い出した子どももいた。すべての子どもたちに、忘れることのできない

物語があったのだ。・・・・・・・・監督・脚本は「The Long Way Home」(97年度アカ

デミー賞・最優秀長編ドキュメンタリー賞受賞)の監督・脚本を努めたマーク・ジョ

ナサン・ハリス。製作は、救出された子どもたちの一人を母に持つテボラ・オッ

ペンハイマー。本作は2000年度アカデミー 最優秀ドキュメンタリー賞を受賞。

貴重な資料映像を使いながら、勇気ある児童救出作戦で救出された子どもた

ちとその親、そして救出にあたった人々の記憶を描き出す。ジュディ・デンチが

ナレーションを担当。(DVDより引用)







「夜と霧」 フランクル

影響を受けた人・本

神を待ちのぞむ

「夜と霧」に戻る