「カラマーゾフの兄弟 (まんがで読破)」ドストエフスキー・作

バラエティアートワークス より引用



    






本書より引用


妖艶な美女を奪い合い、長男ドミトリーと淫蕩な父親フョードルが激しくいがみ合う。家族のことに

無関心な次男イワンと心を痛める三男アレクセイ。親子の確執は激しさを増し、悲劇は起こる。信仰

や死、国家と教会、貧困、父子・兄弟関係など深遠なテーマを含む人間ドラマ。現代の予言者ドスト

エフスキー生涯最後の作品を漫画化。


ドストエフスキー 1872年


「本のすこし窓を開けて」というサイトではこのドストエフスキーに留まらず多くの文献を紹介しています。







夜明けの詩(厚木市からの光景)

美に共鳴しあう生命

シモーヌ・ヴェイユ(ヴェーユ)

ホピの預言(予言)

神を待ちのぞむ(トップページ)

天空の果実


神を待ちのぞむ トップページ