「罪と罰 (まんがで読破)」ドストエフスキー・作

バラエティアートワークス より引用


   






本書より引用


頭脳明晰な青年ラスコリニコフは独自の倫理観に基づき、強欲な金貸しの老婆を殺害し、目撃者の

その妹まで殺してしまう。想定外の事故、良心の呵責、警察の捜査の影に怯え始めるラスコリニコフ。

自首か、逃亡か。娼婦ソーニャの生き方に心を打たれた彼の選んだ結末は…?「現代の預言書」とも

呼ばれるロシア文学の最高峰を漫画化。


ドストエフスキー 1872年


「本のすこし窓を開けて」というサイトではこのドストエフスキーに留まらず多くの文献を紹介しています。







夜明けの詩(厚木市からの光景)

美に共鳴しあう生命

シモーヌ・ヴェイユ(ヴェーユ)

ホピの預言(予言)

神を待ちのぞむ(トップページ)

天空の果実


神を待ちのぞむ トップページ