「あいたかったよ」

エルズビエタ作 こやま峰子

朔北社 より





「せんそうって、いったい

どこにいるの?」

フロンフロンは、ふしぎでたまりません。

「ぼくが、いばらのかきねを とりのぞいて

ほしいって おねがいしてくるよ。

せんそうに とおくに いってほしいって

たのんでくるから!」







フロンフロンは、おがわのむこうがわに くらす

ミュゼットと、とても なかよし。

あるひ せんそうが はじまり、

おがわのほうには、いばらのかきねがはられてしまいました。

もう ミュゼットに あうことができません。

(本書・帯文より)


子供の視点から見た戦争とは一体何だろう。それはきっと敵をやっつけるもの

ではなく、本書に書いてあるように、戦争そのものがどこかにいってほしいと思う

ものなのかも知れない。子供の目から見た戦争を素朴な絵を通して語りかけて

くる本書は、平和と寛容の精神を描く世界の絵本展に出品され、世界12カ国で

翻訳されています。



エルズビエタ

ポーランド生まれ。当時ドイツ領だったアルザスで育ち、イギリス、フランスに移り住む。

さまざまなタッチのイラストを描き、絵本のほかにも、詩、彫刻などを手がける。絵本

「ディクーのふしぎなひつじ」「ディクーのちいさなほし」「のねずみのラリレット」(セーラー

出版)など。この絵本は、ミュンヘンの国際青少年図書館が企画した平和と寛容の精神

を描く世界の絵本展「ハロー・ディア・エネミー」(日本では、日本国際児童図書評議会

“JBBY”が主催)に出展された。




私の愛する写真集・絵本に戻る