「ナショナル ジオグラフィック傑作写真集ベスト100」

日経ナショナル ジオグラフィック社 より引用








ナショナル・ジオグラフィックという114年の長い歴史を持つ雑誌。その掲載された

数多くの写真の中から傑作を100枚選んだベスト版である。人間、動物、自然、魚、

あるいは海底で見つかったタイタニックなど、写真が見つめた対象物の奥行きの深

さは、心に突き刺さり、沈黙の中で何かが声を発して私に語りかけているという錯覚

に陥る。そしてそれは私自身もまた、ここに生きているということを実感させてくれる

ものである。

(K.K)



「あの写真ははずせるわけはないだろう・・・」「あのライオンの写真はどこだい? あれは

落とせないよ」「この写真を入れる? 冗談だろ」「100枚に絞るなんて不可能に近いこと

が分かっているだろう」 私たちはこんなやりとりを何ヶ月も編集部で繰り返して、創刊

以来114年間の最高傑作と呼べる100点の写真を選んだ。選考に加わったスタッフは、

おおむねお互いの意見を尊重したが、最終段階では、私が審判役になって決断を下す

ことも何度かあった。「ナショナル・ジオグラフィック」誌は、すぐれた写真家に恵まれてき

た。世界各地を旅し、砲弾で負傷したり、サメに襲われるなど、命懸けで彼らが撮影して

きた写真は、一つの雑誌に掲載されたものとしては、最も偉大なコレクションだと、私たち

は思っている。魔法のような魅力を今も失っていない写真がある。チンパンジーが手を伸

ばし、著名な霊長類の研究者ジェーン・グドールの髪にそっと触れた瞬間の写真などは

その一例だ。この写真集の表紙を飾ったアフガニスタン難民の少女の写真は、今も私た

ちの心を打つ。おそらく本誌の歴史の中で、最も多くの人々に感銘を与え、最も多くの投書

を集めた作品だ。美しく、悲しみに満ちたこの少女のまなざしは、私たちの魂に訴える。果

たして少女は生き延びたのだろうか? この写真を撮った写真家は何度も彼女を探した

が、手がかりはなかった。少女の行方は永遠にわからないかもしれない。芸術家の魂と、

直感的なひらめきをもって、「ナショナル・ジオグラフィック」誌の写真家たちは、数々の歴史

のドラマを記録してきた。

(本書 編集長から より引用)







雑記帳(魅せられたもの)

私の愛する写真集・絵本

インディアンの視点を持って描かれた文献に戻る