「はじめてのチェス」

権田源太郎著 中央公論事業出版







本書 はじめに より引用

チェスは、盤を使うゲームの中では世界で最も古いもののひとつです。白と黒と呼ばれる

2つの軍隊の戦いです。最初にプレーされたのは、千数百年前にさかのぼります。現在で

は世界150か国以上の国々で盛んに行なわれている国際的なゲームになっています。

この本は、チェスをはじめて手にする人のために、コマの名称からルール、やり方につい

てわかりやすく解説したものです。序盤戦の進め方、攻撃や防御の方法、終盤の進め方

についても説明してあります。チェスは複雑で奥の深いゲームです。覚えることはたくさん

あります。特に大切な事柄は、太字で示しました。また、ところどころに、読者の理解を試

す<TEST>が設けてあります。ぜひご自分で考えてみてください。







麗しき女性チェス棋士の肖像

チェス盤に産みだされた芸術

毒舌風チェス(Chess)上達法

神を待ちのぞむ(トップページ)

チェス(CHESS)

天空の果実