シャーロック・ホームズのチェスミステリー

レイモンド スマリヤン著 野崎昭弘訳 毎日コミュニケーションズ より引用











チェス探偵について(本書より引用)

私があなたに「次の局面(上の画像参照)に到るまでに、8段目に到達したポーンはない」

といったら、あなたはそれを信じるだろうか?


あなたがそれをもし信じるとしたら、そうすべきではなかった・・・・私がいったことは、論理的

に不可能なのである! その理由は次の通りである。はじめにお断りしておくが、本書では

問題の説明にあたって、ます目を文字と数字の組合せで表す。たとえば白のキングはf2にあ

り、黒のキングはe8にある。白のビショップはg3、黒のクィーンはc6、また白のポーンはb2と

d2にある。さて、白のビショップは元の位置c1から、いったいどのようにしてg3に出てきたのだ

ろうか? b2とd2のポーンは最初から動いていないのだから、出ていけるわけがない。だから

唯一の可能性は、c1にいた元々のビショップは一歩も動かずにその場所で取られ、g3にいる

ビショップは実はポーンが昇格してできたビショップである(ポーンはクィーンに昇格すると決

まっているわけではないので、ルークにもビショップにも、ナイトにも成れる)。だから「8段目に

到達したポーンはない」などというのは間違っている! この問題は、26ページの問題と同じ

ように、ワトソンの驚くべき草稿においてシャーロック・ホームズが考察した型の問題の、ごく

単純な例である。このような問題は、「逆向き解析」と呼ばれる分野に属している。ごくありふ

れたチェスの問題(白が何手で勝てるか、という[詰将棋のような]問題)とは違って、これから

の問題はゲームの過去の歴史にかかわってくる。そういうパズルが提起する問題点は実に

多彩で、その多彩さがまた大きな魅力である。たとえば、1つの駒が落ちた(あるいは1つの

ます目にコインが置かれた)局面が提示され、「それが何の駒かを判定せよ」という問題があ

る。またある局面で「盤上のどれかの駒は昇格してできた駒である」ことは論証できるが、そ

れがどの駒であるかはわからない、という場合もある(それが黒か白かも決定できないことさ

えある!)。さらに驚くべきことには、後で述べるように、ある局面から出発して「白が2手で勝

てる」ことは証明できるのに、「こうすれば勝つ」という特定の手順を示すことは不可能である、

ということがありうる。信じられないことのように聞こえるかも知れないが、これは事実である。

これらの問題は、純粋に演繹的な推論のおもしろい研究課題である。それらは論理学とチェス

の境界線上にある、といってもよい(実際、これらは「チェス論理学の問題」と呼ばれることが

ある)。これらは探偵小説の心理学的な香りも多分にそなえていて、当然ホームズにとって大

いに魅力的であった・・・・事実、ホームズがなんらかの興味を抱いたチェスの問題は、この型

の問題だけである。我々にとって幸せなことに、第1部での主題全体にわたるホームズの才気

あふれる説明は、実にわかりやすいので、駒の動かし方しか知らないような初心者でも、彼の

説明に一歩一歩、たやすくついていけるであろう。読者は第2部にたどり着くまでに、この種の

推論のちょっとした専門家になれるであろうし、ホームズを助けて、逆向き解析によってマース

トン船長の埋められた宝の場所を突きとめたり、奇妙な二重殺人の謎を解いたりするのに、

十分な準備ができていることと思う。ホームズがこの種のチェス問題に熟達していたのは、たい

へんありがたいことであった。もし彼がそれらのうちの、ある特定の1つ(読者がそれがどれで

あるか、いずれおわかりになる)を解きそこねていたら、彼はワトソン氏に出会うよりも前に、

モリアーティの悪魔のような罠にかかって命を落としていたので、この草稿は決して形をなして

いなかったであろう。


レイモンド・スマリヤン

エルカパーク、ニューヨーク

1979年2月







麗しき女性チェス棋士の肖像

チェス盤に産みだされた芸術

毒舌風チェス(Chess)上達法

神を待ちのぞむ(トップページ)

チェス(CHESS)

天空の果実