「チェスをする女」
ベルティーナ・ヘンリヒス著
中井珠子訳 筑摩書房




Bertina Henrichs









エーゲ海に浮かぶ小さな島、そのホテルの

客室係のエレニは閉鎖的でありながら温もり

のあるこの島が好きだった。しかし客室に置

かれていたチェス盤を見たとき、何か彼女の

心を揺さぶる。エレニは30年前の小学校の

先生に頼みタッチ式のチェスコンピューターを

手に入れ、夫にプレゼントするが何の嬉しさ

も見せない。彼女は一人でコンピューターと

対戦しチェス教本を隠れて読むが、その才能

を先生は見出し週に一度教えることになる。



しかし、伝統的な社会の目からはこの行動は

奇異なものと映り、エレニは夫や島の人々か

ら今まで経験したことがない反発を受ける。

もし自分がアテネのチェストーナメントに出る

と、職も夫も失うかも知れない。しかし彼女は

アテネに向かう。そのころ島ではある変化が

起きていた・・・・。エーゲ海の美しい自然を

背景に、42歳のエレニが自分の可能性から

目を背けず突き進んでいく姿は美しい。口こ

みで広がったこの小説は、フランスの多くの

読者賞を受賞し、「Joueuse -Queen To Play」

という映画になる。この映画のDVDは2011年

5月に出るが、日本語版が出るかどうかは

不明。

(K.K)


 


本書 「訳者あとがき」 より抜粋引用

主人公はあまりぱっとしないし、大事件がおこるわけでもない。でも、ぐん

ぐん引き込まれ、あたたかい気持ちになって本を閉じる。エーゲ海の青が

目に残る。伝統的な考えや暮らしを当然と受け入れてきた女性が、突然

目覚めて才能を開花させ、外の世界に歩き出していったらどうなるのだろ

う。古い世界と訣別するならよいが、戻ったら前より辛い状況が待ってい

るかもしれない。



物語の主人公エレニは最悪の事態を覚悟する。でも、小さな革命は成功

する。ひそかに共感し、応援する人たちがいるのだ。それに、敵に回した

と思った人たちだって悪気があるわけではない。人間への信頼感がわい

てくる。翻訳作業は楽しかった。



この本には、もうひとつ恩師クロスとその旧友コスタの物語が隠されて

いる。クロスは高潔な人格者として島の人々に尊敬されている。ところ

が、彼の述懐にはときどきそのイメージとは矛盾することが出てくる。

腑に落ちないとは感じても、はっきりした言葉で語られてはいないか

ら、私はすぐに見抜けなかった。クロス自身のいうとおり「人は自分の

信じたいことをしか見ない」のだ。それで、若いころのコスタが「心の

死刑執行人」と表現されているのを「レディーキラー」と訳しそうになっ

た。気づいて、疑問点をひろいながら読み返すと、クロス像が立体的

に現われて、二度おもしろかった。



ナクソス島の情景も魅力的だ。青い空と海、風の音、強い日差しと

影。乾いた丘の坂道をオリーブ畑に向ってロバが上っていく。昼下

がりの路地には猫と大きなトカゲしかいない。蝉がやかましく鳴いて

いる。港についたフェリーから人の波がどっと吐き出される。カフェ

のテーブルにはウーゾのグラスが並び、木陰につるした籠ではカナ

リアがさえずる・・・・。作者はエーゲ海の島々の光と色が大好きで、

何度も訪れているそうだ。そしてある年、ナクソス島で休暇を過ごし

たときに、この物語のアイディアがわいてきたという。



読んでいると、ひとつひとつのシーンがくっきりと目に浮かんでくる。

風景だけではない。人の動きも、表情もだ。まるで映画みたい、と

思いながら読んだが、それもそのはず、作者はシナリオライター、

映画制作者としても活躍中だ。そしてこの作品自体、2008年に

サンドリーヌ・ボネールの主演で、Joueuse というタイトルで映画

化されている。



 








 



「Joueuse -Queen To Play」

この映画は大きな起伏はないのですが、一人の中年女性がチェスに目覚め、その隠れた才能を

開花させるまでの経過を淡々と追った作品ですが、私自身この映画が本当に好きですね。「ボビー・

フィッシャーを探して」「愛のエチュード」と並んでお気に入りの映画となりました。尚、私が購入したの

はアメリカのアマゾンからでしたが、アメリカ仕様(リージョン1)ですので、日本製のDVDプレーヤー

では再生できません。私の場合、リージョンフリーにして再度焼き直しして見ました。リージョンフリー

に関しては他のサイトを参考にしていただけたらと思います。

(K.K)


 


Medhat Moheb Chess News And Information Joueuse -Queen To Play- A Beautiful Movie Based On Chess !

(大きな画像)


上下の画像は映画「Joueuse -Queen To Play」の場面

出演サンドリーヌ・ボネール、ケヴィン・クライン、ヴァレリー・ラグランジェ。監督Caroline Bottaro。2009年制作。


Queen to Play :: Zeitgeist Films


Queen to Play :: Zeitgeist Films


Queen to Play :: Zeitgeist Films


Queen to Play :: Zeitgeist Films








麗しき女性チェス棋士の肖像

チェス盤に産みだされた芸術

毒舌風チェス(Chess)上達法

神を待ちのぞむ(トップページ)

チェス(CHESS)

天空の果実