「へいしのなみだ ラーゲルレーヴ(キリスト伝説集)より」

さとう ひでかず, さとう しなこ (文), つかさ おさむ (イラスト)  こぐま社


 












物語は紀元元年、新たな救世主(イエス・キリスト)の
誕生を恐れたヘロデ大王が、ベツレヘムとその周辺の
二歳以下の男の子をすべて、一人残らず殺した時のこ
とが舞台となっています。危うくヨゼフに現れた天使の
警告によりエジプトに逃れたイエスとその家族。この時代
を背景にラーゲルレーヴがこの「へいしのなみだ」を創り
ました。この絵本の素晴らしいところは、文は勿論のこと
ですが、絵の力強い独特のタッチにあります。作者の息
づかいや想いが私にも伝わってくるような強烈な個性。
まるでルオーの絵を見ているかのようでした。あまり知ら
れていない絵本かも知れませんが、私にとっては宝物
です。

(K.K)





セルマ・ラーゲルレーヴ

Selma Lagerlof(1858年11月20日〜1940年3月16日)

アーナ・ロヴィサ・ラーゲルレーヴ。『ニルスのふしぎな旅』(1906年)の著者。1909年に、女性で
初めてのノーベル文学賞受賞者となった。キリスト教の寓話的作品、絵本を数多く書いている。







夜明けの詩(厚木市からの光景)

アッシジの聖フランシスコ(フランチェスコ)

雑記帳(魅せられたもの)

私の愛する写真集・絵本

神を待ちのぞむ(トップページ)

天空の果実


私の愛する写真集・絵本に戻る