「平和の本」

バーナード・ベンソン著 寺家村 博 訳 寺家村 和子 監訳 YMCA出版






主役の子供が、平和とは何か、そして平和はどうすれば手に入れることが出来るのかを

探ろうとし、三人の大統領と話し合う物語。子供にも読めるやさしい文体だが、大人にも

是非読んでもらいたい作品である。本書は20か国以上の国々で翻訳出版されている。

(K.K)


子ども用の絵本の体裁をとってはいるが、大人が読んでも胸をゆさぶられるような迫力

がある。「自分たちも何かをしたい」という人たちの輪が広がり始めている。・・・天声人語

私は世界の人びとがひとりひとり、この「平和の本」の少年に心をひらくことを願ってやみ

ません。・・・・ヨハネ・パウロU世

これはとても読みやすい本です。文章はやさしいし、その上、たくさん絵が入っています。

どんな内容かというと、平和と、その平和をどうすれば手に入れることができるかが書

かれています。そして主役は子供たちです。「なんだ、それじゃ子供向けの夢物語か」

とおっしゃる方がいるでしょうが、それはとんでもない誤解です。これはむしろ大人にお

すすめしたい思想書です。深くて大切なことを、やさしく書いてあるのです。それからお

話がとてもおもしろい。主人公の少年が3人の大統領と交わす会話などは、思わず手

に汗をにぎってしまいます。そしてなによりもこれは祈りの本です。どのページからも地

球40億人の人間の切ない祈りが聞こえてきます。その声がひとつにまとまれば世界

はきっと変るでしょう。驚いたことに、この本はその方法まで書いてあるのです。

井上ひさし(作家)




夜明けの詩(厚木市からの光景)

雑記帳(魅せられたもの)

アッシジの聖フランシスコ(フランチェスコ)

私の愛する写真集・絵本

神を待ちのぞむ(トップページ)


私の愛する写真集・絵本に戻る