大地と空の息吹き 46 てんとう虫(自宅近く)



2012年4月28日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した写真です。



 




「ビジュアル版 世界お守り大全 Body Guards」デズモンド・モリス著 より引用


てんとう虫(The Ladybird)


黒い班を持つこの小さな赤い虫は、てんとう虫(英訳名は ladybird または ladybug)と呼ばれ、

その地味なありようには不釣合いなほど、国際的な人気を博している。ladybird または ladybug

に加えてこの虫は、レディ・ビートル、全能の神の雌牛、聖母マリアの鳥、聖母マリアの虫とも呼ば

れる。フランスでは「神の小さな鶏」を意味する Poulette a Dieu、イタリアではポロミッラ、ドイツ

ではマリエンクッヘ、スペインではマルキッタと呼ばれる。



中世、てんとう虫は聖処女マリアに捧げられていた。幸運の象徴として幅広い支持を得ていて、

殺したり害したりすると最悪の運がもたらされるといわれていた。また、てんとう虫がとまっていた

ら、こんな歌を唄う伝統がある。



「てんとう虫、てんとう虫、すぐに飛んで帰れ、お前の家が燃えている、子供たちが焼け死ぬぞ」



いつものように昆虫にいらいらしたり、ぴしゃんと打ったり潰したりする代わりに、てんとう虫が

無傷で飛べるように声をかけてやる。幸運なことである。なぜなら、たまたまてんとう虫は、庭を

荒らす害虫を悩ます役にたつ虫であるからだ。



言いつたえによって、てんとう虫は、そのお守りを身につける者に大きな成功と財産を運んでくる

と信じられている。もし病気の人が身につけたなら、病気を吸収し、取り去ってくれると信じられて

いる。



こうのとりのように、てんとう虫も子供を運んでくるといわれている。そしていくつかの地域では、

てんとう虫が背中に背負った黒い斑点の数が、女性が産むであろう子供の数を示しているという。

この迷信は事実上、てんとう虫を多産のお守りに転換させている。





夜明けの詩(厚木市からの光景)

大地と空の息吹き







七沢森林公園 順礼峠のお地蔵さん

大地と空の息吹き

天空の果実

日本ユニセフ協会(子供たちに笑顔を)

最初に戻る

サイトマップ


AllPosters