「太陽へとぶ矢」

ジェラルド・マクダーモット作

神宮輝夫訳 ほるぷ出版より











「昔、太陽の神が、いのちの力を一本の矢にかえ、大地に向けてとばしました。

矢はある村のひとりの娘にあたりました。いのちの矢を受けた娘は男の子を

生みました。男の子はすくすくと育ちましたが、子どもたちから“おやなし子”と

いじめられます。男の子はお父さんをさがしに出かけ、ある矢づくりの老人に

会いました。老人は、男の子が太陽の神の子だとわかり、男の子を一本の矢

にかえて太陽に向けてとばしたのです。・・・・アメリカのプエブロインディアン

の神話をテーマにして描き上げた、現代的センスにあふれた作品です。子ど

もだけでなく、大人の心もしっかりとらえる魅力にみちています。この作品は、

アメリカでもっとも権威のあるカルデコット賞(1975年度)を受賞しました。」

本書より引用。物語自体は特異なものではないが、その絵は素朴さを漂わ

せながらも強烈な個性が光るものであり、物語と共に心に飛び込んでやま

ない逸品である。

(K.K)



「昔、太陽の神が、いのちの力を一本の矢にかえ、大地に向けてとばしました。

矢はある村のひとりの娘にあたりました。いのちの矢を受けた娘は男の子を

生みました。男の子はすくすくと育ちましたが、子どもたちから“おやなし子”と

いじめられます。男の子はお父さんをさがしに出かけ、ある矢づくりの老人に

会いました。老人は、男の子が太陽の神の子だとわかり、男の子を一本の矢

にかえて太陽に向けてとばしたのです。・・・・アメリカのプエブロインディアン

の神話をテーマにして描き上げた、現代的センスにあふれた作品です。子ど

もだけでなく、大人の心もしっかりとらえる魅力にみちています。この作品は、

アメリカでもっとも権威のあるカルデコット賞(1975年度)を受賞しました。」

本書より引用。


ジェラルド・マクダーモット

1941年アメリカのデトロイトに生まれ、4歳のときからすでに美術学校で絵を

学びはじめました。神話や民話の世界に強い関心を持ち、すばらしいグラフィッ

ク的技法で表現するデザイナー、イラストレーターです。アニメーション・フィルム

の分野でも、非常にユニークな仕事をして注目されています。たいへんな旅行

好きで、現在は、やはり画家でありイラストレーターでもある奥さんと、ハドソン

河渓谷にある小さな町に住んで、絵本の世界に新風を吹き込んでいます。こ

れからの活躍を期待されている絵本作家です。







アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)に関する文献

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

神を待ちのぞむ・トップページ

天空の果実

インディアンの写真集・絵本・映像

写真集・絵本・CD-ROM・音楽・映画に戻る