「シカ星 アメリカ・インディアンはうたう」

アメリカ・インディアン口承詩からの英語訳 メアリー・オースティン

絵・ミヤギユカリ 日本語訳・だいこくかずえ 葉っぱの坑夫より引用




出版社・著者からの紹介

夏の夜あけ、東の空低いところにあらわれる「シリウス」の名で知られる明るい

星の物語。ミヤギユカリのドローイングとパイユートの詩がひとつに溶けあって、

沙漠の丘陵を、セージの原野を、サボテン台地を、風のように走り抜けます。

一枚絵による蛇腹折り、横へ横へと繰りだされる長大なランドスケープ。詩と絵と

造本がぴったり重なって生まれた、今までにない動的でダイナミックな詩画集

です。


さあ聞いて、シカ星のはなしを

ずっと昔のものがたりを

ひとりの若者が、狩りに行こうと起きだした

夜あけの青い光の中。

赤シカ狩りへと起きだしたはいいけれど

さあ狩人はどうする

矢に羽根をつけたこともなく

弓に弦を張ったこともない狩人は。

女たちは戸口から笑いのめし、娘たちは泉ではやしたてた。

だって、こんなたるんだ狩りは恥ずべきこと、見たことない。

年寄りたちは頭をふってぶつぶつ、が若者はこう言い放った。

「狩りの道具なんかなくたって、おれは赤シカをしとめるぞ」

(詩「シカ星」より引用)







アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)に関する文献

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

神を待ちのぞむ・トップページ

天空の果実

インディアンの伝記や物語を記した文献に戻る