「ゴースト・ダンス」

アメリカ・インディアンの宗教運動と叛乱

ジェイムズ・ムーニー著 荒井芳廣訳 紀伊国屋書店 1989年発行











19世紀のアメリカ合衆国。白人たちの「フロンティア」は西へ進行し、先住民たるインディアン

のほとんどはいまや支配下におかれていた。旧来の生活様式を失い、不公正な行政に苦しむ

彼らのあいだに、このとき一つの宗教が生まれる。やがてメシアが到来して、死んだ祖先たち

を甦らせこの世を楽園として再生してくれる、その実現のためには、儀式をおこない全員で踊

りつづけなければならない −−− このような千年王国的な信念に支えられた宗教運動が、

「ゴースト・ダンス」である。この運動がどのように展開したか、白人とのあいだにどんな軋轢を

うんだかを、著者ムーニーは細心の観察と綿密な取材調査にもとづいていきいきと描き出し

ていく。約一世紀前に書かれたものでありながら、その叙述は今日でいうエスノヒストリーの

先駆であり、民族誌としての<古典>と評価されている。さらに本書は、運動展開の過程で

生じた出来事として、インディアン史上きわめて重要なエピソードである「スー族の叛乱」や

「ウンデッドニーの虐殺」にも詳細にふれ、インディアンに加えられた迫害をなまなましく伝え

る。その意味では、現在のアメリカ文化というものがいかなるエスノサイド(民族破壊)の上

に成り立ったかの、同時代における貴重な証言でもある。(本書より引用)



目次


第一章 失われた楽園

第二章 救世主ウォヴォカ

第三章 ゴースト・ダンスの教義

(付記 メシアについてのポーキュパインの説明 クワピに対するセルウィンのインタビュー)

第四章 ロッキー山脈西部のゴースト・ダンス

第五章 ロッキー山脈東部のゴースト・ダンス・・・・スー族のゴースト・ダンス

第六章 スー族の叛乱・・・・シッティング・ブルとウンデッドニー

第七章 叛乱の終結・・・・南部におけるゴースト・ダンス

第八章 ゴースト・ダンスの儀式


訳者解説

引用文献







アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)に関する文献

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

天空の果実

インディアンの歴史と現在を知る文献に戻る