「ヘヤー・インディアンとその世界」

原ひろ子著 平凡社 より引用






私のヘヤー・インディアン調査の短所と長所 より引用

第一の短所は、私が女性であることだ。私が男性の調査者であったなら、ムースや

カリブを追いかける狩猟の旅に同行したであろうが、この点は残念ながら断念した。

しかし、働き者で、罠猟や鉄砲の名人であったメリーと暮らしたおかげで、ヘヤー・

インディアンの女性の示す個人差や、どの人にも共通に見られるたくましさを味わう

ことができた。そして、狩猟の旅に同行しなかった分だけじっとテントにいる時間が

長かった故に、多くの旅するヘヤー・インディアンが私のテントに立ち寄ることになり、

それだけにたくさんの話を聞くことができた。本書で描いた男性のムース猟やカリブ

猟は、ヘヤー・インディアンの男性たちが私に語ってくれたことに拠っている。(中略)

私のヘヤー・インディアン調査の第二の短所は、私が未婚であったことである。性生

活に関することがらで、もっと突っ込んで聞いておくべきだったことが、充分に聞けて

いない。これらの大きな短所に対して、長所としては、私がヘヤー・インディアンの

「夢の世界」について「話のできる人」だとヘヤー・インディアンの人々が考えてくれ

るようになれたことであった。北アサバスカン亜族を研究している欧米人の調査者

でたった11ヶ月ほどの調査期間中に、「夢の世界」について聞き取りのできた人は、

ひじょうに少ない。長年にわたってくり返し同じ部族を調査している研究者のなかに

は、「夢の世界」についての研究ができていた人もあるが、ヘヤー・インディアンに関

しては、今のところ私だけが、彼らの文化の核心ともいえる「夢の世界」に迫ること

ができた。これは、私が木にも山にも水にも超自然の力が宿るとする日本人にとっ

てのカミの世界に接しつつ育ったおかげかと思う。ユダヤ教やキリスト教などのよう

に絶対神を信じる文化に育った研究者たちは、いくら「自分は無神論者で、もはや

ユダヤ教とは関係ない人生を送っているのだ」といっていても、なかなか、「人とその

個人の守護霊との相対的な関係」や、「夢の世界での体験の方が、現の世界での

体験よりも価値が高い」とするヘヤー・インディアンの世界を感じとることは、困難で

あるようだ。私の後に調査に入った前述のジョエル・サヴィシンスキーは、「ヒロコの

報告書を読んで、自分はシャーマニズムと夢に関する調査は断念することに決めた

うえで、調査をはじめたのだ」と私に述懐していた。異なる文化的背景をもつ研究者

たちが、一つの特定の文化を研究して、その成果を相互に比較検討する意義は、

このようなところにも存在するといえよう。


目次

序章

第一章 自然のなかに生きる

1 ヘヤー・インディアンとは

2 寒さと人間

3 飢えと人間

4 獲物と人間


第二章 人生は旅である

1 夏は一年のはじまり

2 マイ・カントリー

3 ヘヤー狩猟場の変遷


第三章 キャンプの生活

1 ものうい夏と生命感にあるれる秋

2 夏のフィッシュ・キャンプ

3 冬のキャンプと罠猟


第四章 食料を得るための労力


第五章 流動的な人間関係

1 テント仲間とキャンプ仲間の流動性

2 キャンプ仲間の形成と分かち合い

3 極小化された男女の分業とテント仲間

4 養子と流動的な親子関係


第六章 人間関係の諸カテゴリー

1 万人に「父母」がある

2 ヘヤー社会における「家族」の概念・・・・「ミウチ」について

3 「ツレアイ」・・・・結婚と性

4 「シンルイ」と「他人」の再生産過程


第七章 ヘヤー・インディアンと犬

1 運搬作業と犬

2 犬への心理的依存


第八章 人は一人で生きるのだ・・・・その日常性

1 最小限のリーダーシップ

2 ものは自らおぼえるもの

3 夢と守護霊

4 やるせなさへの処方箋


第九章 病と死・・・・「人と共にある」とき

1 外傷と疾患

2 死と再生


第十章 ヘヤー文化とシャーマニズム

1 シャーマンの能力とその相似性

2 リーダーとしてのシャーマン


第十一章 白人の世界とヘヤー・インディアン

1 1800年以降の生活の変化

2 ヘヤー・インディアンから見た白人

3 コルヴィル湖地域のキャンプの復活

4 スノーモビルの導入


第十二章 ヘヤー・インディアンの位置づけ

1 ヘヤー・インディアンの先史時代

2 地球上の狩猟採集民

3 狩猟採集民にとっての自然環境と文化


終章

私とヘヤー・インディアンの調査

私のヘヤー・インディアン調査の短所と長所

本書ができるまでの長い道のり

あとがき







アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)に関する文献

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

神を待ちのぞむ・トップページ

天空の果実

インディアンの精神文化を伝える文献に戻る