「モカシン靴のシンデレラ」

中沢新一 訳 牧野千穂 絵 マガジンハウス より引用









本書 帯文及び解説 より引用

だれもが知っているフランスのペロー版を見事に改変した北米インディアン・

ミクマク版こそ、真正の「シンデレラ」?! “ほんとうの幸福を追求する”神話

の真骨頂を説く、著者解説つき。



本書 解説・・・・もうひとりのシンデレラ 中沢新一 より抜粋引用

シンデレラ物語の「正しい形」とは?

じっさい、ヨーロッパに伝えられているシンデレラ物語は、ミクマク族が気づいていた

ように、とても古い起源をもっているのです。おそらくその起源は数万年も前の、旧石器

時代までさかのぼるだろうと考えられており、その起源のとてつもない古さを語るよう

に、地球上のほぼ全域でさまざまなかたちをしたシンデレラ物語が、語り継がれてきま

した。インディアンの伝える「灰まみれの少年」の話も、ヨーロッパでよく知られた「シン

デレラ」の物語も、地球全体にちらばっていったきわめて古い神話の末裔にほかなりま

せん。ですから、はじめてフランス人の口からシンデレラの物語りを耳にしたミクマク族

の人たちが、これはどこかで聞いたことのある話だぞ、と感じたのは、深い根拠があっ

たわけです。しかし、ミクマク族はそのとき同時に、ヨーロッパ人の語るこの物語には、

どうにもがまんならないものがひそんでいるぞ、と鋭く感じ取っていました。なんという

か、この話には人としての気高さや気品というものが欠けているのではないか、と感じ

られたのです。そのときミクマク族はこう思ったことでしょう。


「この話はたしかに、われわれの神話とよく似てはいる。しかし、大事なところでこの話

は、まちがった道へ入り込んでいる。シンデレラという少女は、いつも灰のそばにいた

からこそ、霊の世界に入っていける資格をもったのだし、霊の世界のことがよく見えて

いたからこそ、幸運をあたえられたんじゃ。ところが白人たちの語るこの話では、彼女

は美しい容姿をもち、またそれをひきたてる美しい衣装を身につけていたから、王子の

心をつかむことができたということになっておる。また王子も王子で、女の美しさという

ものを、ただ外見の美しさだけで判断して、自分の結婚相手を決めようとしている。まっ

たくあさましい話ではないか。女の美しさは、まずその人のたましいの美しさのうちにこ

そ見出されるものであり、高貴な王子たるものは、霊の世界にも通じていくそのたましい

の気高さや美しさによって、相手を判断しなければならない。まったく、白人たちにかか

ると、気高い神話でさえこんなふうに調子の低いものになりさがってしまう。よし、われわ

れでひとつ、このシンデレラの話を正しい形に戻してやることにしよう」


そんなことがあってしばらくしてから出来上がってきたのが、「モカシン靴のシンデレラ」

の原型となる「肌をこがされた少女」の物語だったのです。ミクマク族のすぐれた語り手

は、ヨーロッパ版のシンデレラ物語に大胆な手を加えて、それを「正しい形」に戻そうとし

ました。斬新な発想と深い内容をもったこの新しいシンデレラ物語は、たちまちのうちに

ミクマク族の心をとらえて、彼らの伝承世界のたいせつな在庫のうちに数えれるように

なりました。そればかりでなく、たき火のまわりに座り込んで、ミクマク族の語るこの風

変わりなシンデレラ物語に耳を傾けていた白人たちも、そこに語られている思想の深さ

や美しさに感動して、この話を自分たちの言語に翻訳して、広めるようになりました。19

世紀の末に「アルゴンキン伝説集」(ミクマク族はアルゴンキンと呼ばれるもっと大きな

語族に属しています)が編まれたとき、編者はすぐれた内容をもつ古い神話にまじって、

このお話をミクマク族を代表する伝説として紹介しています。それほどまでに、ミクマク版

シンデレラは、すぐれた語りでもあるのです。







アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)に関する文献

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

神を待ちのぞむ・トップページ

天空の果実

インディアンの伝記や物語を記した文献に戻る