「民族の仮面」

アフリカ、メラネシア、北米インディアン、エスキモー

桐島敬子著 岩崎美術社 より引用









日本語の仮面にあたるマスクは、狭義では、布、紙、木、金、銀、その他の材料で

人間や動物あるいはその両方の要素を同時にもつ人体の顔の部分を覆うものを指

す。しかしながらマスクという言葉の語源をたどる時、末期ラテン語で masca は、

魔女という意味であり、マスクの古い宗教的で呪術的起源を暗示している。旧石器

時代の洞窟には、浮き彫り、線刻画その他のテクニックで、人間や動物の姿そして

呪術的意味をもつ記号のようなものが多くの文化に、しばしば見られる。その中で

も動物の頭を持った人間像は多く、動物の頭の部分が仮面だと解釈される例が少

なくない。これらの動物とも人間とも区別し難い裸体人物群の中に、呪術師だとか、

魔女だとか判別される人物がいて、それが仮面と呪術が密接な関係を持っている

のではないかと言われる根拠でもある。そしてまた顔や体に色を塗ったり、頭に飾

りをつけたり、動物の毛皮を被ったりする原始的呪術的変装といえる行為から、仮

面という固定したものをつける形へと発展していったのではないかと考えられる。

シチリアのパレルモ近郊のアダウラ(Addaura)の洞窟に鳥のくちばしを持った裸体

の男性群を彫った線刻画があるが、その頭部は仮面だと解釈され、まさに呪術的

祭儀を行っている状況を描いていると言われる。フランスのアリエージュ県のレトロ

ワ・フレールと呼ばれる洞窟には、呪術師と称せられる牡鹿の角をつけ、かもしか

のひげ、馬の尾、人間の手足と男根をもった人物の壁画があり、シベリアのシャー

マンのかもしかの角をつけ、動物の毛皮を被り、手に太鼓を持った姿と比較し、超

自然との関係をもつ者の変装として指摘されている。更に、北アフリカのアルジェリ

ア東部、タッシリ・ナジェールで、1956年フランス人アンリ・ロートは、仮面をつけた

黒人が踊っている先史岩壁画を発見した。この人物のつけている仮面は、現在も

アフリカのコート・ディヴォアール北西部の、森林地帯に住むセヌフオ族の使ってい

る仮面と同じである。これらの例に示されるように、人間は、強力で影響力のある

超自然の力を持つ被創造物として描かれている。それはギデオンによれば、人間

の超自然と直接関係をもとうとする必然性から生まれる「宗教的衝動」に具体的形

を与えようとした努力の結果である。そして呪術的起源から発した仮面の用途は、

祭儀だけでなく、戦、劇、裁判、政治、或いは死者につける仮面へと多様化していっ

た。更にミルセア・エリアーデによれば、旧石器時代の宗教的呪術は、シベリアの

シャーマン及び猟民文化の世界に広く受けつがれた。つまりアフリカ、メラネシア及

びシベリアのシャーマニズムと最も深い関係をもつエスキモー及び北アメリカ原住

民の文化に、特に仮面が発達したのは、これらの文化圏に於ける生活の基盤と

なっている狩猟、漁猟と切り離して考えられないのである。シベリアのシャーマン

は厳密な意味での仮面を持たず、顔に炭を塗るとか布を被って顔を隠した。反対

に衣装は複雑な象徴的意味をもつ無数の小道具のぶら下がった特異なもので、

エスキモーでは仮面が霊界を旅し、シャーマンの欲する創造物になる道具として

使われるのと同様の働きをした。いずれにしても仮面は意識化の世界を扱い、

仮面をつけることにより、外見上の姿を変えようとする素朴な願いを具体化する

と同時に、仮面自体の表現するもうひとつの自己を超越した祖先あるいは神話

の人物になることが出来、現在という時から自由に過去、未来への飛躍を試み

るのである。

(本書より引用)



目次


アフリカ

ドゴン族、クル族、ゲレ族、ダン族、グロ族、ヤウレ族、ボボ族、ヨルバ族、

ベニン王国、イビビオ族、プヌ族、フマング族、バコタ(コタ)族、バテケ(テケ)族、

バクウェレ(クウェレ)族、アンヤング族、バミレケ族、バルバ(ルバ)族、

コクウエ(チョクウェ)族、バルワルワ(ルワルワ)族、パペンデ(ペンデ)族、

バクバ(クバ)族、ワベムベ(ベムベ)族、サラムバス族、ベナ・ムパサ族、

イボ族、バソンゲ族


メラネシア

北米インディアン

エスキモー

アリューシャン


仮面 二十世紀美術の源・・・・桐島敬子

参考文献

図版目次







Komuqi (Qagyuhl)

Edward S. Curtis's North American Indian (American Memory, Library of Congress)


アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)に関する文献

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

神を待ちのぞむ・トップページ

天空の果実

アメリカ・インディアンの芸術へ