「ココペリの旅」

アメリカ南西部パワースポットを巡る

山下マヌー著 メディアファクトリー より引用









今回、改めてアメリカ南西部に行く前、旅人であるココペリの主な役割は、

旅をしながらアメリカ先住民たちの間に、広く多くの価値観を伝えていくこ

とだったのだろうと、そんなふうに思っていました。争いが絶えなかったあ

の時代、唯一(といってもいい)、ココペリだけはあらゆる場所に足跡を残

すことができたということからも、そう思わざるをえないのです。しかし、残

念なことにその真偽を知らせることなく、ココペリは突然その姿を消してし

まいました。本当の姿も、何者かさえも教えてくれることなしに、です。人

と人、国と国との間に争いが絶えない今の時代にこそ、ラブ&ピースな

ココペリのような存在が必要なのだと思います。ココペリのことを知れば

知るほど、ココペリが「存在」していた当時とほとんど変わらない、地球の

風景に行きたくなって、そこに行けばひょこっと、ココペリが現れてくれそ

うで・・・。以前、かの地で初めてココペリの存在を知ったという縁に加え、

あれから何度となくアメリカ南西部を訪ねているのは、そういう理由からで

もあります。ココペリは、ここでなにを見て、どんな価値観を知り、伝えて

いったのでしょう。音楽を愛し、農作物を育て、子供を作り、平和を愛した

旅人・・・そんなシンプルなココペリの生き方、もしかしたら人間の「こうあり

たい」という願いが作り上げた生き物、それがココペリだったのかもしれま

せん。

(本書より引用)



目次

「はじめに」に代えて・・・・ココペリとの出会い


ココペリが運んできた言葉のギフト

Life 人生

Love 愛

Family 家族

Friendship 友情

Word 言葉

Separation 別れ

Blame 非難

Property 所有

Power 力

Earth,Nature 地球・自然

Personal 自分


一週間ココペリ旅

ココペリの旅、それは古代から

宇宙へと通じる一大スペクタクル

「地球上で最も煩悩にまみれた」都会から、「全米で最も空気のすんだ」太古の海へ

ブライスキャニオン

アンテロープ

モニュメントバレー

セドナ

メティオクレーター

デスバレー

一週間ココペリ旅のモデルコース


「あとがき」に代えて

ココペリが運んだギフトのお返し







アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)に関する文献

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

神を待ちのぞむ・トップページ

天空の果実

アメリカ・インディアンの芸術へ