「今日は死ぬのにもってこいの日」

ナンシー・ウッド著 フランク・ハウエル画

金関寿夫訳 めるくまーる より







白人の女性である著者が、インディアンの古老から聞いた言葉・口承詩を

集めたものだが、インディアンの死生観を見事に現わしている好著である。

(K.K)


 








・タオス・プエブロの古老の言葉 (本書より引用)


今日は死ぬのにもってこいの日だ。

生きているものすべてが、私と呼吸を合わせている。

すべての声が、わたしの中で合唱している。

すべての美が、わたしの目の中で休もうとしてやって来た。

あらゆる悪い考えは、わたしから立ち去っていった。

今日は死ぬのにもってこいの日だ。

わたしの土地は、わたしを静かに取り巻いている。

わたしの畑は、もう耕されることはない。

わたしの家は、笑い声に満ちている。

子どもたちは、うちに帰ってきた。

そう、今日は死ぬのにもってこいの日だ。


 
 


本書 訳者あとがき より抜粋引用


本書は、一つの独立した短めの長編詩のようにも読めるが、一つずつ別々の

叙情詩を集めた詩集としても読むことができる。詩人が、タオス・プエブロの古老

たちに私淑して、その生き方に感銘したことを、短い叙情詩として表現している。

ときどき和歌の詞書のように、補足説明的な、これも短い散文詩が混じっている。

詩的にも成功していて、非常に美しいものも少なくない。語法は単純明快で、もと

もとこの詩集の対象として考えられていたらしい「青少年」読者にも、楽に読める

はずである。しかしこの詩の成功の秘密は、なによりもこの詩人が、インディアン

の「口承詩」の伝統を我がものにしているところにある。彼らの口承詩を特徴づ

けている単純なフレーズの「繰り返し」パターン、そしてイメージによる即物的な

表現など。だが他の何にも増して、宇宙や自然の環境を「神話的」に捕らえる性格

において、彼女の詩は、口承詩の特徴をもっとも正統的に受け継いでいる。ナンシ

ー・ウッドは、プエブロ部族の古老たちが、今も彼らに「身をすり寄せる」文明化の

脅威にもかかわらず、激しく憤りもせず、深く悲しみもせず、平然としていることに

感動している。ウッド女史によると、タオスは生き残れるということに関して、彼ら

は絶大な自信があるのだという。「白人ならこういう楽天主義を妄信と呼ぶのだ

ろう。しかしタオスの人は、これを生き方と呼んでいる。そしてそれは、政府や利得

よりも強いものだ、と彼らは信じている」と彼女は書いている。そしてその生き方

について古老たちが語り、それを彼女が書き留めておいたのが、この詩になった

のである。


 


ナンシー・ウッドはもう長いこと、サンタフェから20マイルの、広野の端に、

孤独を共として住んでいる。「孤独」は、自分の霊的生活に欠くことのでき

ない要件だ、と彼女は言っている。夏になると、コロラド州のロッキー山麓

に、ヴィヴァルディやモーツァルトのテープを持ってハイキングに出かける。

そして音楽を風に聴かせながら、山の中でダンスをするのだという。そうし

た彼女にとっては、恐らく毎日が「死ぬのにもってこいの日」であるにちがい

ない。・・・同著「今日は死ぬのにもってこいの日」 訳者あとがきより








アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)に関する文献

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

天空の果実

インディアンの神話・預言・叡智を集めた文献に戻る