「それでもあなたの道を行け」

インディアンが語るナチュラル・ウィズダム

ジョセフ・ブルチャック編 中沢新一+石川雄午訳 めるくまーる より引用






アベナキ・インディアンの血を引くジョセフ・ブルチャックは、各部族の

伝承を小説や絵本に著してきた。本書もインディアンの叡智の言葉を

1800年代から現代にいたるまで紹介しているが、それぞれの言葉に

秘められた重さをじっくりと耳を傾けてみたい一冊である。また本書に

ちりばめられたインディアンの誇り高い写真が、これらの言葉を実践し

てきた証人としての威厳をもって読者に問いかけつづけている。

(K.K)


 








近代の知識過剰の害から回復するには、深い知恵が必要だ。

本書に語られるアメリカ先住民の言葉に「なぜ」などと問わず、

ひたすら耳を傾けると、深い知恵が伝わってくる。

河合隼雄(国際日本文化研究センター所長・心理学者)

(本書・帯文より)


 
 


ブラック・エルク(オガララ・ラコタ族)の言葉

(本書より引用)


 いちばん重要な、最初の平和は、人の魂のなかに生まれる。 

人間が宇宙やそのすべての力とのあいだに、つながりや一体

感を見いだせたとき、その平和が生まれるのだ。宇宙の中心

にはワカンタンカが住まい、しかもこの中心はいたるところに

あって、それはわしらひとりひとりの内部にもある、と理解した

ときにな。これこそが真実の平和なのだ。ほかの平和はすべ

て、この真実の似姿にすぎん。二番目の平和というのは、二

人の人間のあいだに生まれる。そして三番目の平和が、二つ

の部族間にあらわれる。しかし、わしがしばしば言うように、人

の魂のなかに生まれるものこそが真実の平和なのだから、そ

の平和をまず知っておかない限り、部族間の平和などとうて

い実現せぬということを、なによりも理解しなくてはならん。


 


ルーサー・スタンディング・ベアー首長(ラコタ族)の言葉

(本書より引用)


子供の訓練は、じっと座っていなさい、そしてそれを楽しんでごらん、

という教えから、はじめられたものである。子供たちは、嗅覚を敏感に

して、なにも見るものがないところになにかを見たり、まったくの静寂

のなかに、じっとなにかを聞き取ったりするように、と教えられた。じっ

と座っていることのできない子供は、ちゃんと成長していない子供だ。


 


目次

はじめに・・・・心の奥へ通じる多くの道

T 東

U 南

V 西

W 北

X 頭上の空

Y 足元の大地

Z 内なる聖地

[ 円環

訳者あとがき

出展








アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)に関する文献

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

天空の果実

インディアンの神話・預言・叡智を集めた文献に戻る