「アメリカインディアン 聖なる言葉」

ロバート・ブラックウルフ・ジョーンズ+ジーナ・ジョーンズ著

加藤諦三 訳・解説 だいわ文庫 より引用









この本には悩みや苦しみに対処する時の考え方が書かれている。それは

ネイティブ・アメリカンの生きる知恵である。人間は、嬉しさいっぱいだけで

は、生きてはいけない。それが生きることの原点である。生きていくうえで

寂しさや苦しみはいつもつきまとう。でも、苦しさも、寂しさも、生きている証

なのである。不安、苦しさ、寂しさなどを抱え込んでごらんと、ネイティブ・アメ

リカンは言っている。生きていくうえで嫌なことは誰にでもたくさんある。「嫌

だなぁー」と思うことは誰にでもある。しかし、それも生きている証である。

苦しみも、悩みも、背負わなくては人は生きていけない。月のやすらぎがな

ければ、太陽のよさも分からない。太陽がギラギラと輝いて暑いなと感じる

人もいる。それはその人の心が決める。この本に書かれている詩は断片的

なことのように思えるが、多くの詩が一つにつながっている。つまり、悩んだ

時には止まれ、と言っている。このような本を急いでどんどん読み進めること

はない。一日に一頁でもいい、味わって読むことである。

本書「この本を手にとったあなたへ」 訳者まえがき より引用







アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)に関する文献

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

神を待ちのぞむ・トップページ

天空の果実