「ヤァッテ ナバホ」

アメリカ先住民と赤い大地にくらす日本人フォトグラファーの21年

河野謙児著 VIENT/現代書館








本書 あとがき より抜粋引用

2001年7月、暗号部隊の「オリジナル29」に金の名誉勲章、11月には残りの

老兵たちに銀の名誉勲章が贈られた。じつに戦後56年目のことだ。2002年6月

にはナバホ暗号部隊を扱った映画「ウィンドウトーカーズ」がニコラス・ケイジ主

演で封切られた。この映画は多くのアメリカ人にナバホ暗号部隊を知らせてくれ

た。2003年3月、赤い大地が真っ白におおわれたナバホの地で私はこのあとが

きを書いている。私とルースが再びリザベーションにもどると多くのナバホたちに

「ウェルカム・ホーム」と歓迎された。そう言われるたびにナバホの大地が私の

故郷なんだと思わざるえなかった。そして、ナバホ暗号部隊の写真を改めて撮り

はじめている。425人の部隊員はすでに4分の3が他界している。老兵たちは

少なくなりファインダー越しに彼らは老いていく。「ケンジ俺たち暗号部隊が勲章

をもらえたのはおまえの本のおかげだよ」。一人の老兵のこの思いがけない一

言が私の心に大きく響いた。私が最も好きな写真で感謝された。これからもナバ

ホを撮りつづけるぞという勇気を与えてくれる一言だった。



目次

第一章 ナバホ・リザベーションに来た(1974年3月)

第二章 思いで多きガナード

第三章 再びナバホ・リザベーションにもどる

第四章 「ナバホ暗号部隊」の出版

第五章 しましハゴーネ ナバホ

あとがき



河野謙児(かわの けんじ)

1949年福岡県生まれ。1973年、写真修行目的でロサンゼルスへ

渡米。1974年、アリゾナ州のナバホ保留地を訪れ、以後ナバホを

カメラでドキュメントしている。現在、ナバホ保留地のフォート・ディファ

エンス在住。著作に、1990年「Warriors Navajo Code Talkers」 、

2001年「In the Fifth World」がある。いずれも、アメリカで出版。個展、

「勇士たち:ナバホ暗号部隊」(新宿コニカプラザ、1993年)(札幌

コニカギャラリー、1993年)(福岡コニカギャラリー、1994年)

「Warriors Navajo Code Talkers」は1992年よりアリゾナ州立美術

協会移動展示プログラムでアメリカ国内にて展示。12年目の巡回中。

「In theFifth World」アリゾナ州立美術協会移動展示プログラムは、

2002年からアメリカ西部を巡回中。







アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)に関する文献

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

神を待ちのぞむ・トップページ

天空の果実

インディアンの精神文化を伝える文献に戻る