生と死 境界を科学する

 ナショナル ジオグラフィック 2016年4月号








本書 より抜粋引用

文=ロビン・マランツ・ヘニグ(サイエンスライター)

写真=リン・ジョンソン



討論会に参加していた米ケンタッキー大学の神経学者ケビン・ネルソンは、ニールの鮮明な記憶は作り話ではないと

認めつつも、その解釈を疑問視した。「これらを死の世界から帰還した人の体験談とみるのは誤りです」とネルソンは

述べた。「体験の間、脳は生きて活発に活動しています」。ニールの体験は「レム侵入」と呼ばれる現象かも知れない

と、ネルソンは指摘する。急激な低酸素状態などが引き金となって、眠っていないときでも、レム睡眠中に夢を見る

ときと同じような脳の活動が起きる現象だ。ネルソンによれば、臨死体験も体外離脱の感覚も低酸素状態になった

ために生じるもので、命を失ったわけではなく、正常な意識を失ったために起きた幻覚として説明できるという。



臨死体験については、生理学的な研究も行われている。米ミシガン大学の神経科学者ジモ・ボージギン率いる研究

チームは、ラットを使って心停止後の脳波を計測する実験を9例行った。いずれも心停止後には、高周波のガンマ波

(瞑想に関連があるとされる脳波)が通常の覚醒時よりも強まり、秩序立った現れ方をした。



ボージギンらは、これが臨死体験の正体ではないかと推測している。死が完全に逆転不能となる前の移行期に、

「意識をつかさどる脳の活動が高まった状態」ではないかというのだ。



チベット仏教でトゥクタム(即身仏)と呼ばれる状態になった僧侶の肉体は、1週間余り腐敗しないように見える。この

希少な現象にも、生と死の境界を探る手がかりがありそうだ。神経科学の立場から瞑想を長年研究してきた米ウィス

コンシン大学のリチャード・デビッドソンは、ある時、ウィスコンシン州のディア・パーク僧院でトゥクタムの状態になった

僧侶を目にした。



「何も知らずに部屋に入ったら、深い瞑想状態にあると思ったでしょう。肌にも生気が感じられ、腐敗の兆しはありま

せんでした」。科学の力でこの謎に迫ろうと、デビットソンはインドの2ヵ所に研究拠点を設けて脳波計や聴診器などの

機材をそろえた。チベット人の医師12人を訓練し、僧侶の死後も脳の活動が続くかどうかを調べる体制が整った。

願わくば、生前から測定を始められれば申し分ない。



「こうした僧侶の多くは死ぬ前に瞑想状態に入り、その状態が何らかの形で維持されると考えられます。どうやって

それが起きるか、その説明は、従来の科学の範疇を超えているかもしれません」。デビッドソンは現代科学の手法を

用いながらも、科学だけでは説明しきれない、もっと複雑な何かがそこにはありうると考えて研究を進め、トゥクタム

の状態にある僧侶だけでなく、生と死の境界を旅するすべての人に何が起きるかを探ろうとしている。




シモーヌ・ヴェイユ(ヴェーユ)の言葉







夜明けの詩(厚木市からの光景)

美に共鳴しあう生命

シモーヌ・ヴェイユ(ヴェーユ)

ホピの預言(予言)

神を待ちのぞむ(トップページ)

天空の果実


神を待ちのぞむ トップページ