File:Karjakin Torino2006.jpg - Wikimedia Commons



セルゲイ・カヤキン(Sergey Karjakin)


以下、セルゲイ・カヤキン - Wikipedia より抜粋引用



セルゲイ・カヤキン(Sergey Karjakin 1990年1月12日生まれ)は、シンフェロポリ出身の
ロシア(以前はウクライナ)のチェスグランドマスターである。早熟の天才で、歴史上最も
若い12歳7カ月でグランドマスターとなった。2009年7月25日、カヤキンはロシアの国籍を
得て、それ以降はロシアでプレーしているカヤキンは5歳の時にチェスを覚え、11歳で
インターナショナルマスターになった。2001年には12歳未満世界選手権で優勝し、12歳
になったばかりの2002年1月のチェス世界選手権でルスラン・ポノマリオフの公式セコンド
を務めたことで注目を集めた。



モスクワのAeroflotトーナメントでグランドマスターの基準成績(ノーム)をクリアすると、
2002年8月のスダクの国際トーナメントで、卜祥志を抜いて歴史上最も若いグランドマス
ターとなった。14歳の時には、ドルトムントの大会で当時のチャンピオンであったウラジ
ミール・クラムニク
を早指し対局(持ち時間10分+1手5秒)で破った。また2004年には、
ビルバオで行われたMan vs Machine World Team Championshipで「ジュニア」という
プログラムを破り、人類側の初めての勝利者となった。カヤキンは2005年4月のFIDE
ランクで、レート2635の第64位として、始めて世界トップ100入りを果たした。



2009年チェス世界選手権の予選も兼ねる2007年のチェスワールドカップで、カヤキンは
準決勝でアレクセイ・シロフに敗れた。18歳の誕生日直前に発表 された2008年1月の
FIDEレートで、通常のグランドマスターからさらに区別されるレート2700を突破し、2732
で世界13位につけた。



彼は、ウクライナのウーマングランドマスターKateryna Dolzhikovaと結婚している。






チェスの未来を託された若き獅子たち セルゲイ・カヤキン(Sergey Karjakin) に戻る。


 


セルゲイ・カヤキンの全棋譜


Your browser is completely ignoring the <APPLET> tag!

棋譜を見るにはブラウザ「Internet Explorer」が必要で、
「Google Chrome」では出来ません。
またJAVA アプレットがインストールされていないと棋譜が表示されません。
Javaコントロール・パネルでのセキュリティ・レベルの設定



Chessgames.com








麗しき女性チェス棋士の肖像

チェス盤に産みだされた芸術

毒舌風チェス(Chess)上達法

神を待ちのぞむ(トップページ)

チェス(CHESS)

天空の果実


「チェス(CHESS)」にもどる