未来をまもる子どもたちへ




心に響く言葉

1997.3.23








熟していない心が彼の恵みを感じないとしても、

それは神の恵みがないことを意味してはいない。

なぜなら、神がときどき慈しみがなくなるということは、

神であることを中止することだからである。



「ラマナ・マハリシの教え」 ラマナ・マハリシ著 山尾三省 訳 めるくまーる社より


雑記帳「魅せられたもの」1997.3/23を参照されたし。

ラマナ・マハリシのホームページ


 


次の「心に響く言葉」へ







夜明けの詩(厚木市からの光景)

美に共鳴しあう生命

心に響く言葉

天空の果実