「TIPPI ティッピアフリカに育まれた少女 より引用



AllPosters







希望ある未来とは
じっと聴いてごらん、そしてそれを楽しんでごらん
シャイアン・インディアン祈り
子供たちへの贈りもの






AllPosters







希望ある未来とは一人一人の喜び、悲しみを共に分かち合う社会


君たちはこの世界・社会を見て今どのように感じているんだろうか。学校や家庭内での

いじめや無視、暴力や受験勉強などの荒波を君たちは必死になって戦っている。そん

な現実や社会に対しての疑問を持ったとしても、そしてそれを誰かに言ったとしても、聴

いてくれる人はほとんどいない。もう全てのものに希望や光が射し込まない暗闇の世界

に生きていると感じているかも知れない。そして君たちはそんな世界でも必死になって

立ちつづけている。今、君たちが生きている時代は人生の中でもっとも多感な時期な

んだよ。だから悩んだり不安になったりするんだ。でもそんな時代だからこそ多くの世界

の声を聴くことが出来ると僕は思うんだ。ただそんな余裕なんて君たちにはないかも知

れない。毎日毎日が敷かれたレールの上を踏み外すことなく走ることを要求され続けて

いる。多くの経験を通して、そのみずみずしい感覚を広げてゆくのではなく、逆に摘み

取ってしまう社会になってしまっている。こんな社会にどんな未来があるというのだろう。

どんな希望があるのだろうか。実はおじさんも君たちと同じような現実の中で小中学校

を過ごしてきたんだ。おじさんは君たちより少し年をとり、いろいろな世界に触れて何か

が間違っているとしか思えないと感じるようになってきている。君たちの周りに、君たち

の喜びや悲しみに耳を傾ける人がいれば、多くの悲劇が避けられたかも知れない。

そんな僕にとって来るべき希望の未来とは「一人一人の喜び、悲しみを共に分かち合う

社会」なんだ。そのような社会を創ることなしに未来とか希望とかとても描けないような

気がする。でもそのような社会が果たして出来るんだろうか。きっと君たちも夢物語で

しかないと感じているかも知れない。でもね、昔そのような社会があったんだよ。一人

一人の喜びや悲しみを共に分かち合う社会が、昔の先住民族と呼ばれる人々の中に

生きていたんだね。日本では北海道のアイヌと呼ばれている人たちや沖縄の人たちが

そうだけど、外国ではインディアン(アメリカ先住民)やアボリジニー(オーストラリア先住

民)がそのような社会を創っていたんだ。ではどうしてこのような今の社会が産まれてき

たのか、そして何故この伝統に生きる先住民族社会が今の文明社会に滅ぼされつつ

あるのかを知ることが、君たちの未来を語る上で欠かせないものとなってくると思う。

それと共に彼らの世界観を知ることにより、今の君にも何らかの助けとなるかもしれない

と僕は思っている。実は彼らは人間は勿論のこと、動植物も自分達の兄弟として大切に

扱っていたんだ。それは一つ一つの生命が発する声にじっと聴くことを子供の時に最初

に学んだからなんだ。それらの聴く訓練を通して多くの生命の尊さが体を通して理解する

ことが出来たんだね。そして自分自身が苦しい時に、これらの声にじっと耳を傾け、そして

その声が語ってくれることを聴くことによって癒されてきたんだ。


 
 



アメリカインディアンの祈り







ツオタイ・タリーの喜びの歌

N・スコット・ママデー 作

「ネイティブ・アメリカン詩集」アメリカ先住民の現代詩 より引用


僕は輝かしい空を飛ぶ鳥だ

僕は平原を疾走する青い馬だ

僕は水の中でくるりと体を回転させ、きらきら光る魚だ

僕は子どものあとを追う影だ

僕は夕方の光 平原の輝きだ

僕は風とたわむれる鷲だ

僕はひとかたまりのあざやかなビーズだ

僕は一番遠い星だ

僕は夜明けの寒さだ

僕はざあざあと激しく降る雨だ

僕は雪原の輝きだ

僕は湖面に映る月光の長い影だ

僕は四つの色の炎だ

僕は夕暮れにぽつねんと立っている一頭の鹿だ

僕は漆の木とパメブランチが生い茂る原野だ

僕は冬空を斜めに飛んで行く雁の群れだ

僕は飢えた若い狼だ

僕はこれらをまるごとすっかりひっくるめた夢だ



ほら 僕は生きている 僕は生きている

僕は大地と仲良くいっしょに立っている

僕は神々と仲良くいっしょに立っている

僕はすべての美しいものと仲良くいっしょに立っている

ティーセン・タインテの娘と仲良くいっしょに立っている

ほら 僕は生きている 生きている




未来をまもる無名の戦士たち



 




AllPosters








じっと聴いてごらん、そしてそれを楽しんでごらん


「子供の訓練は、じっと座っていなさい、そしてそれを楽しんでごらん、という教えから、

はじめられるものである。子供たちは、嗅覚を敏感にして、なにも見るものがないとこ

ろになにかを見たり、まったくの静寂のなかに、じっとなにかを聞き取ったりするよう

に、と教えられた。じっと座っていることのできない子供は、ちゃんと成長していない

子供だ」 ・・・・・・・・ ルーサー・スタンディング・ベア(アメリカ・インディアンの首長)



君たちの耳にはいろいろな音が入ってきている。それは自動車やテレビの音、電話など

実に沢山の雑音が君たちの周りを取り囲んでいるよね。でもそんな音から離れて、風の

音くらいしか聞こえない所に投げ出されたとしたら、君たちはどう感じるだろうか。多くの人

はきっとそのあまりにも空虚な響きに耐えられなくなるかも知れない。まるで自分がたった

一人でポツンと誰もいない所に置かれた時のような孤独感を味わうかもしれない。「沈黙」と

いう得体の知れないものに脅えている自分自身に震え上がるかも知れない。でも先住民

と呼ばれる人たちは自分たちの子供たちをまずこの「沈黙」の中に放り込んだんだ。そして

「じっと聴いてごらん、そしてそれを楽しんでごらん」という言葉だけしか言わない。たとえそ

こに森や泉や動物がいなくてもじっと聴くことを学ばせた。インディアンの社会では「じっと

聴く」ことが出来ないものは成熟した大人として認めなかったんだよ。そのようにして先住

民族の子供たちは自分たちが立っている世界のさまざまな声を心で聴いたんだね。でも、

この「沈黙」の中で何の声が聞こえるというのだろう。その重い孤独感にどのように耐える

というのだろう。事実、おじさんだって何かの声がはっきりと聞こえることはない。でもじっと

木を抱きしめたり鳥のさえずりを聴いていると、何か心が癒されているのを感じることがある

んだ。そしておじさんよりもっと感動する喜びを知っている君たちだったら、何かを聴き取る

ことが出来るかもしれない。最初はとても怖く感じるかも知れない。でもこれを通過すること

なしには君たちの心の根は大地には届かないんだよ。君たちが立っている大地にしっかり

と根が降りたら、いろいろなつらいことにも倒れないで耐えることができるかも知れない。

本当に生きているって苦しいと感じることが沢山ある。どうして自分はこんなに苦しまなけ

ればならないのか、どうして自分はこんなことで悩むのかと。おじさんだって数え切れない

くらいそう感じたことがあるんだよ。そんな時、君たちがこの沈黙の中でじっと生命の声を

聴き取ることが出来たら、君たちの根っこは大地につながり支えてくれると思う。そして

この根っこが深ければ深いほど、どんなに苦しいことにも耐えていけるだけの力を根っこ

から吸い込むことが出来ると思うんだ。君たちの近くにいる人に、このような大地につな

がった力強い根っこを見たことがあるだろうか。君たちの声をじっと聴こうとする人間が

何人いるだろうか。まるで根無し草のように生きている人が多いのではないだろうか。

僕を含めてそのような人は、インディアンや先住民族の人たちから見れば成熟した大人

じゃないんだよ。だから君たちが抱えているさまざまな精神的・肉体的暴力にさらされて

いることを感じることが出来ないんだね。大地に根をはった人、つまりこの「聴くこと」を

真に知っているものは、他の人の喜びや悲しみにも耳を傾けることができると僕は思う

んだ。そして君たちもこのことを学んで欲しいと願わずにはいられない。それはきっと君

たちを強くし、そして希望ある未来を創り出すと信じているからなんだよ。カトリックの聖

者でリジュの聖テレーズという人が、困難な時に遭遇したらそれをくぐりぬけなさいと話し

たことがあるんだ。困難というハードルに立ち向かいそれを乗り越えるのではなく、自分

自身を低くしてくぐりぬけなさいと。きっとこの聖テレーズという人も大地にしっかり根っこ

をはっていたんだと思う。苦しい時にも「あるがまま」の自分を認め、じっとたたずむこと

が出来る人は倒れないだろうね。それは沈黙を通して大地としっかりつながっているか

らだと思うんだ。だから君たちもインディアンの「じっと聴いてごらん、そしてそれを楽し

んでごらん」という言葉を忘れないでほしい。どんなにつらい時があっても、きっと多くの

声が君たちを力づけてくれる。ただ君たちが恐喝や暴力などの精神的・肉体的暴力を

受けているとしたら、話は別だよ。たとえ加害者が小中学生であろうが、その行為は

りっぱな犯罪行為なんだ。犯罪に対して黙っていてはいけないよ。親とか先生、子供

の人権を守るところへ通報する勇気を持って欲しいんだ。ここでインディアンのシャイ

アン族に伝わる言葉を下に紹介したいと思う。そして君たちが何かを聴くことが出来た

らそれを分かち合えればと願っている。君たちの心に多くの生命の声が響き、どんな

つらい時にも、これらの声たちが希望を運んでくれることを心から願い祈っている。


 




AllPosters







シャイアン・インディアン 祈り


独りぼっち だったり

困りはてて いたり

誰かの 助けが 必要なときは

まぶたを 閉じて

わたしを 思い

わたしの 名前を よびなさい

そうすれば わたしは くる。

見上げる 夏の日の 大空に

わたしの 姿を さがしもとめ

道に響く わたしの 足音に

あなたの 耳を こらしなさい。

石を 持ちあげて みれば

そこに わたしは いる。

HO!


「シャイアン・インディアン祈り」

 北山耕平 訳 三五館(ポケット・オラクル・シリーズ) 



 









夜明けの詩(厚木市からの光景)







子供たちへの贈りもの


ここに紹介する幾つかの言葉は君たちへの贈りものなんだ。生きるって苦しいなと思う

時は誰にでもあると思う。でもそんな時、これらの言葉を少しでもいいから思い出して

ほしい。大地にしっかりと根をはった魂から産まれたこれらの言葉は、きっと君たちを

立ち上がらせてくれると思うんだ。だから忘れないで欲しい。心の何処か片隅でもいい

から、いつでも引き出すことが出来るように大切にしまっていてほしいんだ。


「宇宙を感じる七日間」宮本延春・著

宇宙の神秘さ、それは私たち一人一人の中にも宿っているんだ)

イグルーク・エスキモーに残されている格言

(とても短い格言ですが、私はこの言葉からたくさんの希望と勇気をもらいました)

アメリカ・インディアンの祈り

(イロコイの祈りとして知られているこの祈りは、美しく、また力強い)

「癩者へ」、「生きがいについて」

(ハンセン病の施設に精神科医として長年勤めた、神谷美恵子の言葉)

ホピの少女ナタリー(10歳)の言葉

(遥か太古の昔から受け継がれてきた祈りと許し)

子どもたちへ

(インディアンの子どもたちが最初に教わったこと)

美しい人生を

(わが子に託す母の想いがとても美しい)

「木に話しかけて」メアリー・ヤングブラッド

(いつもいじめられていた少女を慰め、生きる希望を与えてくれた樫の木)

お地蔵さんの本より

(生きる勇気と希望が湧いてくる言葉が、素朴なお地蔵さんの絵と共に心に響いてやまない)

レイチェル・カーソンの願い

(1962年に環境の汚染と破壊の実態を告発した「沈黙の春」。この本を書いた

レイチェル・カーソンが死ぬまぎわに、君たち子供たちへ一つのの願いを託す)

見果てぬ夢

私にとってこの旋律は、心に希望と力を感じさせてくれる数少ない曲(MIDI)のひとつです。








AllPosters








フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した映像です。



夜明けの詩(空と大地の風景)

YouTube画面の設定(右下)で画質をHD(高画質)にして見ると、写真がそれ程ぼやけないと思います。












2013年8月21日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。



(大きな画像)

フィリピンのスラム街の子供たち

34年位前の写真ですが、子供たちは貧しくても明るくたくましく生きていました。


 


2012年4月16日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。


Obrázky Liberec.cz より引用


(大きな画像)



円空(1632~1695)が創った像(庚申像)

この像は自分が苦しいとき、その時に本当に会いたい顔の一つかも知れません。円空の像は

この表情だけではなく、様々な顔を見せてくれます。



生涯12万体を作ったとされる円空。時の権力者にすり寄らず庶民のために、人を救うために

像を作り続けた円空。梅原猛さんによると、円空は私生児として生まれ幼くして母を洪水で失い、

お寺のお坊さんになったと言われています。



遠くは北海道のアイヌの人と生活し、多くの地で仏像を作り続け庶民に愛された円空。その円空

の仏像も、明治初めの廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)などで失われ、12万体のうちの数千体しか

残されていません。しかし、人を救うために円空が仏像に込めた願いや祈りは、時を超えて人び

との心に刻み続けていくのかも知れません。



☆☆☆☆



円空は、仏像を芸術品としてつくったのではありません。売るためでもないし、芸術家として有名

になりたいためでもありません。



円空は人を救うために仏像をつくりました。



池の怪物を鎮めるために、千体の仏を池に沈めたという話もあります。



また、ぼろぼろの朽ちた木を仏にするために仏像をつくったといわれます。



芸術というものは、本当はそういうものなんです。



芸術は人を救うためにあるものです。



「梅原猛の授業 仏になろう」より引用



☆☆☆☆



(K.K)



 

 

2012年6月19日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。

画像省略


「自力で生活できない人を政府が助ける必要はない」が日本人の約4割



「助けてあげる必要はない」と答えた人の割合は日本が38%で1位、2位はアメリカで28%、中国9%、

イギリス8%、フランス8%、インド8%、ドイツ7%の順だそうです。



これは2007年のThe Pew Global Attitudes Project 「What the World Thinks in 2007」の調査らしい

ですが、調査方法や設問の仕方、その信憑性について私は詳しくは知りません。



また調査した時点での日本の政治・社会状況も背景にあるのかもしれません。



ただ私はいつ事故や病気などで体が不自由になってしまうかわかりませんし、それは自己の努力で

回避できる性質のものでないように思います。



勿論日頃の養生や危機管理が出来ていれば、その可能性を低くすることは出来ても、完全に防ぐ

ことなど不可能です。



また障碍を持って生まれてくる子どもたちは遺伝的に必ずある割合で起こることであり、その多様性

なくして私たちは今の人類という姿にはなれなかったでしょう。



逆に言うと天才も決して生まれてこなかったと思います。



いつか古代の社会、そして先住民の社会を踏まえてこのことを書きたいと思っています。



☆☆☆☆



上の写真は「TIPPI ティッピ」アフリカに育まれた少女 より引用しました。




(K.K)




UK | FT Photo Diary


1992年8月17日撮影 千葉県・大原


Edward S. Curtis's North American Indian (American Memory, Library of Congress)







夜明けの詩(厚木市からの光景)

雑記帳(魅せられたもの)

美に共鳴しあう生命

ホピの預言(予言)

神を待ちのぞむ

天空の果実


神を待ちのぞむ トップページ


日本ユニセフ協会(子供たちに笑顔を)

「雑記帳」に戻る

最初に戻る

サイトマップ



AllPosters