「そして名前だけが残った」

チェロキー・インディアン涙の旅路

アレックス・W・ビーラー著

片岡しのぶ訳 あすなろ書房




本書は1838年から39年にかけてチェロキー族を1600キロも

離れた土地に強制移住されるまでの記録である。当初この本

はテレビのドキュメンタリーとして発表されたものである。この

「涙の旅路」はインディアンの多くの悲劇の中でも多く語られて

いるものであるが、冬の寒さの中1600キロもの道を歩かされ、

四人に一人が途中で倒れていった。この監視にあたっていた

一人の兵士が後年この涙の旅路について本書の中で次のよ

うに語っている。「私は南北戦争でも戦い、弾丸にあたった人

間がこっぱみじんに吹っ飛ぶさまや、何千人という人間が死ん

でゆくさまをこの目で見たが、チェロキーの強制移住はそれよ

りはるかにむごたらしかった」と。そして今でもチェロキーの人

は、この残酷をきわめたこの旅を「涙の旅路」として記憶する。

(K.K)


「魅せられたもの」1997.5/4「チェロキーインディアンからのメッセージ」を参照されたし








本書「訳者あとがき」より


アメリカ東南部に位置するジョージア州は、気候のおだやかな山紫水明

の地です。昔、この豊かな大自然のふところで、チェロキー・インディアン

が暮らしていました。そこへ、白人が渡ってきました。それとともに、チェロ

キーは、自分たちの伝統に誇りをもちながらも、白人文化を積極的に取り

入れ、アメリカ合衆国にならって独自の政府を作り、憲法を制定しました。

チェロキー文字を考案し、新聞を発行し、学校も建てました。白人との平和

共存に希望をたくし、チェロキー国家がさらなる文明開化の道を歩きはじ

めたのは19世紀初頭のことです。ところが、白人はチェロキーとの共存を

望むどころか、チェロキーの土地と、チェロキー国内で発見された金鉱を、

自分のものにすることしか考えていませんでした。白人は、チェロキーと

交わした約束を反古にし、チェロキー弾圧の法案を次々に成立させ、18

38年から39年にかけてついにチェロキーを西部へと追放します。残酷を

きわめた強制移住の道すがら、四人に一人のチェロキーが死んでいき

ました。この旅は、「涙の旅路」として知られています。本書はチェロキー

のライフスタイルから語り起こし、政治、経済、文化など歴史のさまざまな

面にふれながら、彼らが「涙の旅路」につくまでの経緯を淡々と語ってい

ます。歴史は正しく伝えられるべきものであるにもかかわらず、勝者が勝

者の側から書いてしまいがちです。支配され、迫害されて悲惨な運命を

たどったチェロキーの視点にたって書かれた点で、本書は貴重な一冊と

いえるでしょう。人間は、数々の偉業をなし遂げるうるすばらしい生き物

である一方、みずからの欲望に目がくらみ、弱者の痛みを無視しうる醜

い生き物でもあります。日本の場合も、アイヌ文化への無理解、外国人

に対する偏見、差別が根強く存在します。過去を取り戻すすべはないに

しても、未来においてふたたび同じ過ちを繰りかえしたくはありません。

学ぶ気持ちさえあるなら、過去は偉大な師になってくれるにちがいあり

ません。・・・・・・・片岡しのぶ


 
 


目次

1章 チェロキーの名前

2章 白人が渡ってくるまで

3章 スペイン人、フランス人、イギリス人

4章 チェロキーと白人

5章 新しい国家、新しい人びと

6章 白人文化

7章 話す木の葉

8章 希望と絶望

9章 ゴールドラッシュ

10章 軍隊が来る

訳者あとがき








アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)に関する文献

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

天空の果実

インディアンの歴史と現在を知る文献に戻る