DVD「裸足の1500マイル」日本語版

裸足の1500マイル(2002)
RABBIT-PROOF FENCE

上映時間 94分
製作国 オーストラリア
公開情報 劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)
初公開年月 2003/02/01











世界各地の先住民族の世界観、生命観は源泉は同じ
であっても、その泉に咲く花は驚くべき多くの色彩に彩ら
れている。日本ではアイヌと沖縄・奄美の生活様式が全
く違うように、それぞれの土地の風土に影響を受けなが
ら多種多様な花を咲かせてきました。私自身まだアボリ
ジニに関するこれらの文献を読んでいませんが、「歌の
道」という表現される彼らの神話や世界観を学びたいで
す。「裸足の1500マイル」という実話の映画があります。
アボリジニの子供たちを家族から引き離し、寄宿生活の
中で徹底的に白人社会に同化させ、キリスト教化させら
れた子供たちは“盗まれた子供たち”と呼ばれ、その自
己存在基盤を喪失していきます。そのような背景の中で
実話を基にして映画化されたのが「裸足の1500マイル」
です。この映画を見てアメリカ・インディアンと全く同じ同化
政策がオーストラリアでも行われていたという事実に、そ
して何よりも家族の元に帰りたいという一心で90日間も
かけて1500マイルを歩き続けた少女の過酷な試練に怒り
がこみあげてきたのを思い出します。この映画に関して
詳しくはこちらを見てくださればと思います。

(K.K)





この映画を紹介する映像


あらすじ

母に会いたいがために1500マイル(2400キロ)もの道のりを、90日間歩き続けた
少女たちの健気な姿を描いた感動のドラマ。当時のオーストラリア政府は先住民
族アボリジニの子どもたちを親から強制的に隔離し、白人社会に適応させようと
する政策を実施していた。そんなアボリジニの暗黒時代に実際にあった物語を
オーストラリア出身のフィリップ・ノイス監督が映画化。原作は、少女たちのひとり
であったモリーの娘ドリス・ピルキングトンが母の体験を綴ったノンフィクション小説。
 1931年、西オーストラリアのジガロング。14歳のアボリジニの少女モリーは、8歳
になる妹のデイジー、従姉妹で10歳のグレーシーたちとここで楽しく平穏な毎日を
送っていた。ところがある日、アボリジニ保護局の人間がやって来て、時の政府の
政策に従って彼女たちを拘束、母親から引き離して施設に強制収容するのだった。
粗末な環境下で、白人社会へ適応するための厳しい教育が始まる。ある時、たま
りかねたモリーたちは厳重な監視をかいくぐり脱走する。そして、延々続くウサギ
よけフェンスの先にある母の待つ故郷へ向けて1500マイルの遥かなる旅路を歩き
始めるのだった…。







アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)に関する文献

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

神を待ちのぞむ・トップページ

天空の果実

インディアンの写真集・絵本・映像

インディアンの写真集・絵本・CD-ROM・音楽・映画に戻る