「聖なる旅の教え」

エリコ・ロウ著 扶桑社





エンヤという私の好きな歌手はアイルランド生まれですが、その大地の波長を

そのまま音楽にした旋律は、ケルト文化を漂わせていると言います。このケルト

文化を知りたかった私が偶然出会った本です。

(K.K)


エリコ・ロウさんのブログ「マインドフル・プラネット」





癒しや啓発を与える地として崇められてきた先住民族の聖なる地。人類が

時代や人種、宗教の違いを超えて継承してきた、そうした地を、エーゲ海、

ケルト族の英国、そしてネイティブ・アメリカに訪ね、その地にまつわる教え

をカラー写真&イラストとともに紹介! 不信と憎悪が暗雲のように世界を

覆う今こそ、普遍の叡智に触れてください。(本書・紹介文より)


 


本書より引用


一見全く異質の先住民族の聖地を巡っているうちに、私は古代の聖地がいずれ

もよく似た自然条件のふところにあることに気づいた。人に生命の息を吹き込む

清らかな風、人を神秘な天に近づかせてくれる高くそびえる山稜、渇きを癒し穢れ

を清めてくれる清水、母なる大地の子宮を象徴する洞窟。先住民族の聖地の多く

は自然そのものが神体で、人工の構造物があったとしても、それは山や洞窟を模

しあ古墳や岩窟などで、聖なる自然を自然の素材で再現したものだった。そんな

聖地の在り方をみても、エーゲ海域の古代人やケルト族、ネイティブ・アメリカンが、

身のまわりの自然の形象に神性を認め、天体や気象の動きに神意を見出していた

のは確かだった。人間も動物や植物と同等で、自然の調和の構成要素に過ぎない

という謙虚な認識に基づいて、先住民族の人々は文化を構築し、森羅万象の物質

世界と異次元の精神世界が重なる場として聖地を畏敬した。世界に残る古代から

の聖地には意外なほどの共通性があり、それは時代や民族、風土や宗教の違い

を超えて人類が継承してきた普遍の価値観、世界観の顕れなのだ。私の聖地巡礼

は始まったばかりだが、人類に癒しや啓発を与える地として永く尊ばれ愛されてきた

先住民族の聖地を訪ね、聖地を聖地たらしめる普遍の価値観に学ぶ旅の収穫はは

かりしれない。生き方の新しい視点をみつける旅の提案として、ストレスの多い日常

生活からひととき旅立つ思いの世界へのバーチャル・トリップとして、同行していただ

ければ幸いだ。



本書・エピローグより引用。


社会の激震のただなかで、私はちょうど机上の空論として想像していた聖地の

生成や、伝説の誕生の過程をまのあたりにすることになったのだ。平和で安泰

な社会では信仰や信念はゆったりと時間をかけて形をつくっていく。しかし突然

の変事で人々が危機感から様々な感情を募らせた社会では、人々の恐怖や

悲嘆、愛情といった強い感情がボルテックスの竜巻を起こし、人々の精神の必

要に応じた聖域や伝説が急造されていくのだろう。そうしたなかでは、生身の

人間が昇天したのちに神として祀られるという人の神格化も、無理なく受け入

れられるかもしれない。それにしても、数千年の時の流れのなかで、朽ちても

その形を留め、人類に変わることなく安らぎや癒しを与えてきた古代の聖地は

何と偉大なことだろう。それぞれに異なる時代の思惑や価値観の変遷のなか

で、聖地を聖地として守り抜いてきた風土なるもの、そこで永劫の時を生き永

らえてきた石や木々、母なる大地の偉大なる生命力と神秘には深い畏敬と

驚異を感じざるを得ない。そうした気づきを与えてくれる聖地自体が、いま、

世界のいたるところで、観光や都市開発、天然資源採掘や戦乱の犠牲となっ

て姿を消しつつある痛ましい現実も、ここで指摘しておくべきだろう。語り部の

役目は、自然と調和した生き方を守るという、素朴で深遠な聖地の教えの大

切さを少しでも多くの人に語り継ぎ、人類の自虐的道行きをストップする人の

輪を拡げていくことなのだから。 


 


目次

プロローグ 癒され満たされる旅への誘い

第一章 古代エーゲの癒し

アトランティス伝説

天地の創造

死と再生の迷宮

地母神の領分

野性の女神たち

ヘルスリゾートの源流

古代ギリシャの夢療法

奇跡の小島

ディオニュソスの処方箋

自然と暮らす


第二章 ケルトの叡智

神族と妖精の王国

季節と生命の巡り

魔女の跳ぶ丘

知恵の鮭

ケルト・アートの神通力

巨石の神殿

アバロン伝説

聖なる癒しの泉

知恵の木の教え

ケルト精神の系譜


第三章 ネイティブ・アメリカンの教え

風神の息吹き

地母神の鼓動

水の清め

創世記の教訓

岩絵の伝言

草木のメディスン

大地の癒し

転生の暗闇

聖なる輪

心の聖域


エピローグ 聖地の継承








アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)に関する文献

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

神を待ちのぞむ・トップページ

天空の果実


インディアンの精神文化を伝える文献に戻る