「コロンブスが来てから 先住民の歴史と未来」

トーマス・R・バージャー著 藤永茂訳

朝日選書 より引用










コロンブスのアメリカ「発見」によって始まった、南北両アメリカの先住民に対する

五百年の残虐の歴史は、まことにすさまじい。まさに「テリブル」である。このコロン

ブスの影、ヨーロッパの白人たちの影は、黒々と今も南北のアメリカ大陸をおおっ

ている。しかし、本書を読むことで、あらためて白人に対する怒りをたしかめ、白人

をさげすみ、それによって一種のカタルシスを、快感を味わうつもりならば、その人

は失望に終わるだろう。本書では、私たち日本人も「白人」の中に組みこまれて

いるからである(本書第六章、第十一章)。インディアンに対する残虐行為の昔話

は読みあきた、映画でも見あきた、と思う人もあろう。ちょっと待っていただきたい。

本書の第九章を、とにかく読んでいただきたい。バルトロメ・デ・ラス・カサスが四百

五十年前に描述したインディアンの虐殺が、今、この私たちの時代に、グアテマラ

の山中で進行中なのである。インディアンの苦境に同情し、インディアンを愛し、彼

らの「自然と一体」のミスティックな生活様式にほれこんだ人たちに対しても、本書

は、苦い薬を用意しているかもしれない。この著者は「先住民を愛し、いつくしめ」と

は、ひと言も言わない。ただひたすらに「わが身を糾(ただ)せ」と、私たちに迫るば

かりである。動物愛護の先頭を切ると自負する人たちは、まず第一〇章を開かれ

るとよい。この本は、過去についての書物ではない。現在について、未来について

の書物である。先住民について語る以上に、私たちについて語っている。問題は、

人権の問題である、と著者トーマス・バージャーは言い切る。本書の「エピローグ」

は、コロンブスの大陸「発見」五百年を機に綴られた、最も美しく力強い文章の一つ

であろう。それは、四百五十年前のラス・カサスの言葉「人類は一つである」に呼応

する。トーマス・バージャーは現代のラス・カサスである。

(本書 訳者あとがき より引用)


目次

第一章 ラス・カサスとインディアンの権利

第二章 バリャドリードでの論戦

第三章 疾病と死

第四章 インディアンと奴隷制・・・・ブラジルとカロライナ

第五章 同盟者としてのインディアン・・・・イロコワ族

第六章 ジョン・マーシャルとインディアン

第七章 インディアンに対する戦い・・・・合衆国とアルゼンチン

第八章 保留地・・・・カナダ、アメリカ、チリ

第九章 グアテマラ・・・・黒い伝説の再誕生

第十章 最後のとりで・・・・自足経済の存続

第十一章 先住民の所有主張と法の支配

エピローグ

各章についてのノート

訳者あとがき







アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)に関する文献

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

天空の果実

インディアンの歴史と現在を知る文献に戻る