「ターコイズ2 チャールズ・ロロマ物語」

ワールド・ムック626 ワールドフォトプレス より引用


  













どんな世界にもカリスマと呼ばれる人がいる。「カリスマ」とは、ギリシャ語で「神の賜物」。

非凡な資質を備えた存在。大きな影響力と、人をひきつける強い個性をもつ人物。カリスマ

は、インディアン・アートの世界にもいる。チャールズ・ロロマ----先住民の民芸品だった

インディアン・ジュエリーをコンテンポラリー・アートに高めて世に広め、後世のアーティスト

たちに道を切り開いたホピ族の男。人権も壁も国境も飛び越えて、世界に通用するデザイ

ンを生み出した20世紀アメリカを代表する芸術家。1850年代にスペイン人からナバホ族に

銀細工が伝わり、のちにターコイズを用いて作られるようになったインディアン・ジュエリー

は、先住民の宗教儀式やお守りとして欠かせないものだった。それはアートというより伝統

の色が濃く、インディアンの暮らしに深く根ざしていた。ホピ族出身のロロマは1950年代

半ばから1980年代にかけて、そんな民芸的なイメージとはかけ離れた革新的なジュエリー

を作り出した。ターコイズのほか、サンゴ、ラピスラズリ、スージライト、ひいては真珠やダイ

ヤモンドまで、あらゆる石を緻密に組み合わせたインレイ細工。カラフルでありながら抑制

の効いた絶妙な色づかい。彫刻を彷彿とさせる立体的なフォルム。ブレスレットやリング

の内側に石を配した「インナー・ジェム」----ロロマは、伝説のインディアン・ジュエラーと

呼ばれ、その歴史をたどれば必ず名前が挙がる作家となった。後世のインディアン・アー

ティストたちは、雑誌や写真集に載った彼の作品に刺激され、こぞってそのスタイルに追

随した。現在コンテンポラリー・インディアン・ジュエリーと呼ばれる分野は、ロロマが切り開

いたものなのだ。彼の何がそれほど傑出していたのだろう? 彼のような特殊な存在が出

現した背景には何があったのか? ----その謎に迫るため、アメリカ南西部を旅し、ロロマ

と親交の深かった人たちを訪ね、彼の人生をたどってみた。

(本書より引用)




目次

チャールズ・ロロマ物語・・・・神に見出された伝説のジュエラー

チャールズ・ロロマという生き方・・・・ホピの魂を持ち、モダン・アメリカを駆け抜けた

マーサ・ホプキンズ・ストルーバー・・・・ロロマを知る最後のディーラー

傑作ロロマ・カタログ・・・・巨匠の遺産

ロロマ作品の魅力 解説=小寺康友

チャールズ・ロロマの軌跡

名作デザインの素・・・・ロロマが作品のヒントにした、インディアン・カントリーの自然

ソンワイが語るロロマ・・・・カリスマの遺伝子を継ぐ


ターコイズ鉱山探訪レポート・・・・ローンマウンテン鉱山 キングマン鉱山

ポスト・ロロマ時代のインディアン・ジュエラーたち

ミリセント・ロジャーズ・ミュージアム コレクション・・・・砂漠に眠る、珠玉のジュエリー

ミリセント・ロジャーズ物語・・・・インディアン・アートに光を当てた美貌のコレクター

すべての始まりは、シルバースミス(銀細工職人)だった

世界最大級のターコイズ・ミュージアム・・・・ブルーストーンの標本箱

平原部族スーのジュエリー・・・・もうひとつのインディアン・ジュエリー物語







アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)に関する文献

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

神を待ちのぞむ・トップページ

天空の果実

インディアンの精神文化を伝える文献へ

アメリカ・インディアンの芸術へ