「フォトストーリー ninguru ニングル」CD-ROM

倉本聡・作 与勇輝・人形 大竹しのぶ・語り POLYSTAR


北海道の森に棲むと言われている森の民ニングルの少年の胸ときめく

出会いと悲しい別れ、そして旅立ちを写真・声・音楽を絡ませて描く。

これはインディアンの物語ではないが、先住民族と呼ばれる人たちの

共通した世界観・宇宙観を背景にした感動的な物語である。倉本聡の

台本に、独自な世界を持つ人形作者として著名な与勇輝、そして大竹

しのぶの迫真の語りには涙が落ちるのを止めることが出来なかった。

(K.K)


北海道の森に棲む森の民ニングルは、木の生命と同じように平均270年の生を持ち、身長は

15センチの小さな人間。ひとりのニングルの少年が山里に行き、開発の名の下に行われてい

る自然破壊に泣き叫ぶ。「人間ハ森ノ神様ニ断リモセズ、勝手ニ樹ヲ伐ッテモイイノカ!!」

倉本聡の作に、美しい人形達、そして感動的な大竹しのぶの語りは本当に素晴らしい。

(K.K)


「人間ハ森ノ神様ニ断リモセズ、勝手ニ樹ヲ伐ッテモイイノカ!!!」



アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)に関する文献

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

神を待ちのぞむ・トップページ

天空の果実

写真集・絵本・CD-ROM・音楽・映画

私の愛する写真集・絵本に戻る