「チェス」 ものと人間の文化史

増川宏一著 法政大学出版局 より引用







はじめに (本書より引用)


イギリスで書かれた魔法学校での物語は、翻訳されて日本でも広く読まれ、三部作で

1000万部(2002.1月調べ)が販売された。アメリカで映画化され、膨大な数の観客

を惹きつけた。この物語のなかで、悪い魔法使いを守る仕組みの一つが、大きな部屋

に置かれた巨大なチェス盤と駒である。相手の白駒側に勝たないと次へ進めない難し

い関門である。主人公の少年ハリーと友達二人の三人がいろいろな黒駒に乗って闘

う。「犠牲を払わなくちゃ! 僕が一駒前進する。そうするとクィーンが僕を取る。ハ

リー、それで君が動けるようになるから、キングにチェックメイトをかけるんだ!」(J・

K・ローリング 松岡祐子訳 『ハリー・ポッターと賢者の石』)。


知力を尽くしての闘いで少年達は相手の白のキングを追いつめ、辛うじて勝利する。

映画では凶暴な白駒側の攻撃やチェスの勝負がリアルに描かれている。少年少女達

をふくむ数百万人の読者と数千万人の映画の観客には、はじめてチェスを知った人も

多いことであろう。ハリー・ポッターの物語は、日本でチェスを紹介するのに大きな役割

を果たした。この本が読まれ版を重ねている時、チェスが新聞や雑誌の記事になった。

「国際チェス大会 羽生五冠が7位」(2001.4・30朝日新聞)がその一例で、各新聞

や週刊誌もフランスでのチェスの試合を報道した。将棋の最強の棋士はチェスも容易に

上達できる、というニュアンスがこめられていたようだ。実のところ、羽生五冠(当時)が

参加したのはチェスの最強者が集まる棋戦ではなく、いわば中級者のインターナショナ

ル・オープン戦であった。それにしても7位入賞は立派な成績である。羽生善治氏のよ

うな著名なプレーヤーではないが、これまでも日本の代表が海外のトーナメント戦に参

加していた。また、近年は日本でもチェスが普及し、とりわけ1990年代には全国的に

サークルがつくられた。これらは本書の第7章で触れることにする。


チェスは盤上遊戯として長い伝統をもち、現在も世界中に数億人の愛好者が存在して

いる。むろんゲームであるゆえ、勝敗が基本であり、名手、妙手を知り創りだすことが

最重要であろう。それゆえ少数の人々の努力にやって普及しつつあるとはいえ、まだ

日本では決して充分な広がりがあるとはいい難い。ほとんどすべての人にとって、チェス

はヨーロッパの遊びという認識である。


本書はチェスをたんに「遊び」としてだけでなく、異なった視点からの観察を試みようと

したが、記述について次の諸点を配慮した。第一に、筆者も含めて欧米と日本では

チェスについての認識や評価に大きな落差がある。研究の蓄積も大きくへだたってい

る。それゆえ、チェス史の研究について18世紀以後の幾人かの研究者の業績や紹介

は煩雑を避けるため一部は省略し、極力簡潔に記述した。第二に、ヨーロッパのチェス

研究が一様に「チェスは文化である」とする根拠を可能なかぎり、しかし歴史の記述に

一般化することなく述べようと試みた。第三に、従来さほど知られなかった美術工芸品

としてのチェスの駒と盤について記述し、鑑賞の伝統にも言及した。


以上のように、勝敗を争うゲームとしてだけでなく、チェスの歴史や美術への理解に

重点を置いた。当然ではあるが、最新のチェス史研究の成果も可能なかぎり紹介した。

このなかにはチェスの起源(将棋の起源といいかえることもできるが)について、これま

での不充分な見解を改めることにも触れている。世界的な規模でのチェス学の構築に、

日本からも寄与するという意図を述べたものである。


 


本書より以下引用。



ルイスの駒は1831年にスコットランド
北西のヘブリディーズ諸島のなかの一つのルイス島で偶然発見されたので、

発見地の地名により「ルイスの駒」と名付けられた。制作年代は1200年頃と推定され、本来は四組の駒であった

のか8個の王と8個の女王の駒があり、全部で78個という大量の駒であった。このうち11個はエジンバラのスコット


ランド考古博物館に、67個は大英博物館に展示されている。



一群の駒はい
ずれも海象(せいうち)の牙で作られ、どの駒も表情豊かな彫りが特徴である。王の駒は玉座に坐り、

膝の上に横たえた剣を両手で持っている。大臣とみな
される駒は長い上衣を着け、右手を右頬にあて左手は右に

伸ばして右肘を
支えている。僧正の駒はカソリックの司祭冠をかぶり、右手に笏杖を左手に聖書を持っている。騎士

は髭面で左手にキリスト教の象徴である十字架を描
いた楯を持ち、鞍の飾りや馬のたてがみも細かく刻まれている。

歩兵だけは
人物像でなく、楯や角のある立方体で表されている。



これらの駒も製作者の
名前は不明である。ルイスの駒は発見されると、ただちにその精巧な美しさはヨーロッパ中

に知られるようになった。たとえば、H・F・マスマンの「ドイツに
おける中世の駒の歴史」(1839)に図示して紹介され

ている。このなかで兜
の形、紋章、手の組み方、駒に彫られた文様などが詳しく分析されている。



「ルイスの駒」は宮殿の遺構や寺院の廃墟から発掘されたのでなく、城塞や修道院の秘宝として伝世されたもので

もなかった。ルイス島の海岸から袋詰
めで発見された。それゆえ発掘当初から様々な憶測がなされた。バイキング

の遊戯具という風説も流れたが、ルイス島は海上交易の中継地として古くから利用されていたので、当時の危険の

多い貿易に従事していた「商人が砂丘
に隠した」(講談社版“世界の博物館・大英博物館”)という見解もみられる。

文献上の記録や由来を裏付ける資料もなく、それだからこそ様々な考察がなされている。



研究者達は、スコットランドで発見されたとはいえ、「ルイスの
駒」は北欧で作られたと推定している。この駒の発見に

より一世紀以上も前
の1715年に、ノルウェーのトロンドハイム近くのムンクホルムで、「ルイスの駒」と極似した駒が

発見され、現在コペンハーゲン国立博物館に所蔵されて
いることを知ったからである。ムンクホルムの駒はわずか

に損傷しているも
のの様式も「ルイスの駒」と同じで、特に玉座の背後にあるケルト文様は完全に一致している。



コペンハーゲン国立博物館は15世紀のオランダ王室
のコレクションも所蔵しているが、このなかにも「ルイスの駒」と

同じ型の駒
が含まれている。しかし、これらの駒は「ルイスの駒」のような劇的な発見とは異なり、全く報道されなかっ

たので、ごく少数のチェス研究者以外には知
られていなかった。



近年のコペンハーゲン所蔵の駒を調査する過程で確認
されたのは、「ルイスの駒のグループ」といえる一連の駒と、

これらを製作し
た工房が北欧に存在していたという事実である。同時代のロシア北方から出土した駒に比べると、

いかに北欧で優れた職人が活動していたかが明瞭
である。」




麗しき女性チェス棋士の肖像

チェス盤に産みだされた芸術

毒舌風チェス(Chess)上達法

神を待ちのぞむ(トップページ)

チェス(CHESS)

天空の果実