Susan Polgar Chess Daily News and Information: Feb 25, 2012


工事中です。



実戦に、そして研究にとこのチェスセットを持ち出さないこ
とはありません。盤はイタリアのアッシジへ巡礼に行ったとき、
道端のお店のショーウィンドウに飾られていたもので、盤の
色彩や重厚感に魅せられ購入したものです。

ただリュックに入れ日本に持ち帰ったのですが、盤や駒が割
れてしまいました。一度は捨ててしまおうかと思ったほどの損
傷を受けてしまいましたが、なんとか修復したものがこれです。

今の私にとって思い出が刻まれた最も大事なチェス盤です。
駒は骨製(何の骨かはわかりません)で、第二次世界大戦の
終戦時に売られていたものと聞いています。それぞれ別々に
購入したものですが、私にとっては駒と盤が見事に調和してい
ます。

またこの駒は、アビラの聖テレジアが昇天した10月4日という
日に偶然届けられたもので、私にとっては貴重なものです。画
像をクリックすると大きく表示されます。


この局面の棋譜はこちら

 



一見すると「ルイス島のチェス駒」に見えるけれど、良く見る
と全く違うものである。勿論土台は「ルイス島のチェス駒」なの
だが、何故このように変化させたのか、また素材・製作年など
不詳である。

ただこのチェス盤と駒の造りは素晴らしく、上で紹介したチェス
と同じく大切にしている。

画像をクリックすると大きく表示されます。
 






 












麗しき女性チェス棋士の肖像

チェス盤に産みだされた芸術

毒舌風チェス(Chess)上達法

神を待ちのぞむ(トップページ)

チェス(CHESS)

天空の果実


「チェス(CHESS)」にもどる