Edward S. Curtis's North American Indian (American Memory, Library of Congress)


心に響く言葉

1997.3.30








一粒一粒の種が目覚め、一匹一匹の動物が産声をあげる。

この神秘な力のおかげで、わしらもまた、生きていくことができるのだ。

だからこそ、わしらは隣人たちや、近くに住む動物たちが、

わしらとまったく同じ権利を持っていて、この大地に住むことを認めてきた。




スー・フンパパ族の首長、シッティング・ブル(1875)の言葉

「インディアンの言葉」ピクマル編 カーティス写真 中沢新一訳 紀伊国屋書店より


雑記帳「魅せられたもの」1997.3/30を参照されたし


 


アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

次の「心に響く言葉」へ







夜明けの詩(厚木市からの光景)

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

美に共鳴しあう生命

心に響く言葉

天空の果実