Edward S. Curtis's North American Indian (American Memory, Library of Congress)


アメリカ・インディアンの言葉








ブラック・エルク(インディアン)の祈り



ヘーイ・ア・ア・ヘーイ! ヘーイ・ア・ア・ヘーイ! 先祖よ、偉大な精霊よ、もう一度、

地上の私を見て、私の弱った声を身を乗りだして聞きたまえ。あなたは最初に住み、

そしてすべての願いよりも、またすべての祈りよりも古い。二本脚も四本脚も、空の翼

も、地に生えるすべての緑も、すべてあなたのものだ。あなたは四つの方角の力をた

がいに交わらせ、よい道も苦難の道をも交わらせたが、それが交わるところは神聖

だ。日が昇りまた落ちて、来る日も来る日も永遠にあなたは万物の生命だ。だから

偉大な精霊よ、私の先祖よ、私は、宇宙の星や大地の草花、あなたが造られたなに

ものをも忘れずに、あなたに祈るのだ。私がまだ若く望みをもつことができたとき、

あなたは私に、苦難の日に、大地の各々の方角に各一回ずつ四たび祈れ。そうすれ

ば、あなたは私のいうことを聞くだろう、と言った。今日、絶望の淵にある部族のため

に、私はあなたに祈る。あなたは私に聖なる煙管を、私がそれで、あなたに献げもの

をするようにと授けた。今それを、あなたは西からの命の水の茶碗と聖なる弓、生か

す力と破壊する力を私に授けた。あなたは私に、白い巨人の住むところから聖なる風

と薬草 --- 清める力と癒す力 --- を授けた。東からは暁の明星と煙管とを授けた。

そして、南からは民族の聖なる輪と花の咲く木とを授けた。あなたは世界の中心へ私

をつれて行き、唯一の母なる緑に染まる大地の善と美と力とを示し、そこでまた、万物

本来の姿である霊の姿を私に示し、私はそれを見た。あなたは、この聖なる輪の中心

で、私に木に花を咲かせるようにと言った。涙を流しながら、おお偉大な精霊よ、偉大

な精霊よ、私の先祖よ、涙を流しながら私は木に花を咲かせなかったと言わなければ

ならない。私はここに哀れな老人となって立っている。そして、私は衰えてしまった、

何もできなかった。ここは、私の若い日に、あなたが私をつれてきて私に教えた世界

の中心、ここにいま私は年老いて立っている。木は萎れている。先祖よ、私の先祖よ。

いま一度、そして、おそらくこの世では最後に、私はあなたが授けた偉大なビジョンを

思いおこしている。あるいは聖なる木のどれか小さな根がまだ生きているかもしれな

い。もしそうならば、それが葉を出し花を咲かせ、さえずる鳥で満ちあふれるように

なるようにその根を養いたまえ。私のためではなく、私の民のために聞きたまえ。私

は年老いている。聞きたまえ、彼らがまた聖なる輪に立ち帰り、善なる赤い道と、盾と

なる木を見つけることができるように! おお、世界の六つの力よ。悲しみのなかで

わたしは弱々しい声で祈っている。悲しんでいる私の声を聞きたまえ。なぜなら、私は

もう二度と祈らないかも知れないから。おお、なにとぞ、私の部族を生きさせたまえ!




「終りなき夢と闘い あるインディアンの生涯」

J・G ナイハルト著 大島良行訳 合同出版 より引用


心に残る言葉「ブラック・エルク(オガララ・ラコタ族)の言葉」を参照されたし


 







アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)の言葉(第一集)

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)の言葉(第二集)

アメリカ・インディアンの言葉(第三集)

夜明けの詩(厚木市からの光景)

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

美に共鳴しあう生命

神を待ちのぞむ・トップページ

天空の果実


アメリカ・インディアンの言葉に戻る