Edward S. Curtis's North American Indian (American Memory, Library of Congress)


アメリカ・インディアンの言葉








チャールズ・ロロマ(ホピ族・宝飾美術家)の言葉


 


どこかに深みがある---できるかぎり簡素にされた諸原理についての、より広い覚醒 




私は何も考えず、ただカチナを考えることができた---この刺激的なドラマ、

カチナは世界に、より美しくなることを提案しなければならない。




孤独で自覚されていない元素---単独で美しい雲---の中では、カチナは、

大地が呼吸し、そして大地内のあらゆるものが呼吸しうるための保証である。




カチナの精神はつねに、人々が微笑し笑い声をあげ、そして

面白くない事どもを忘れられるような天来の恵みだった




孤独な雲は、大地内のものが何であれ---カエルやガチョウやアリやウサギ

にいたるまで---彼らが幸せになるのに十分な富を生み出すことができる




それはまた、地球を沐浴させ浄化するための、よみがえりの過程でもある




こうした思考は、より広い展望の中で伝授され---何が真にわれわれの環境

となっているかを人々に気づかせるために---人々に共有されねばならない






「ホピ・精霊たちの大地」 青木やよひ 著 PHP研究所 より引用


カチナとは宇宙万物に宿り、それらを動かす精霊とその

霊力の象徴でありホピの宇宙観の神髄を現わしている。









アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)の言葉(第一集)

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)の言葉(第二集)

アメリカ・インディアンの言葉(第三集)

夜明けの詩(厚木市からの光景)

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

美に共鳴しあう生命

神を待ちのぞむ・トップページ

天空の果実


アメリカ・インディアンの言葉に戻る