Edward S. Curtis's North American Indian (American Memory, Library of Congress)


アメリカ・インディアンの言葉








ツオタイ・タリーの喜びの歌

N・スコット・ママデー 作

「ネイティブ・アメリカン詩集」アメリカ先住民の現代詩 よりいんよう


僕は輝かしい空を飛ぶ鳥だ

僕は平原を疾走する青い馬だ

僕は水の中でくるりと体を回転させ、きらきら光る魚だ

僕は子どものあとを追う影だ

僕は夕方の光 平原の輝きだ

僕は風とたわむれる鷲だ

僕はひとかたまりのあざやかなビーズだ

僕は一番遠い星だ

僕は夜明けの寒さだ

僕はざあざあと激しく降る雨だ

僕は雪原の輝きだ

僕は湖面に映る月光の長い影だ

僕は四つの色の炎だ

僕は夕暮れにぽつねんと立っている一頭の鹿だ

僕は漆の木とパメブランチが生い茂る原野だ

僕は冬空を斜めに飛んで行く雁の群れだ

僕は飢えた若い狼だ

僕はこれらをまるごとすっかりひっくるめた夢だ



ほら 僕は生きている 僕は生きている

僕は大地と仲良くいっしょに立っている

僕は神々と仲良くいっしょに立っている

僕はすべての美しいものと仲良くいっしょに立っている

ティーセン・タインテの娘と仲良くいっしょに立っている

ほら 僕は生きている 生きている








アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)の言葉(第一集)

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)の言葉(第二集)

アメリカ・インディアンの言葉(第三集)

夜明けの詩(厚木市からの光景)

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

美に共鳴しあう生命

神を待ちのぞむ・トップページ

天空の果実


アメリカ・インディアンの言葉に戻る