タリ(左) 対 スミスロフ(右) 1959年

この時、タリは未来の世界チャンピオン、スミスロフは前の世界チャンピオンでした。



 チェス盤の魔術師 ミハイル・タリ(世界チャンピオン) に戻る。





挑戦者決定トーナメント ブレッド 1959年


当時、本局から受けた圧倒的な印象は、私の記憶の中では未だに新鮮だ。それは

ほとんど信じがたかった。泰然自若な強豪、元世界チャンピオンのスミスロフが、

たった26手で壊滅したのだ。オリュンポス山の最後の砦が藁のように見捨てられ

る瞬間だった。序盤が終わらぬうちにタリが仕掛けたサクリファイス攻撃は、その

華麗さに劣らず大胆だ。完全に成立しているかどうかは判断しがたい。選択肢の

枝分かれにキリがないからだ。専門家の意見では、黒は持ちこたえられるが、

実戦のストレス下で正着を見つけるには厳しすぎる。タリ自身は、本局をこの

大会での最高の業績と見なしている。

「ミハイル・タリ 名局集」 ピーター・クラーク著 水野優・訳 チェストランス出版から引用



「ラトヴィアの天才タリは、そのきらめくような才気で、ボトヴィニクとのチャンピオン戦を

約束されようとしていた。」

「完全チェス読本2 偉大なる天才たちの名局 ラスカーからカスパロフまで」から引用




Mikhail Tal vs Vasily Smyslov
"Tal Tales" (game of the day Apr-10-05)
Bled-Zagreb-Belgrade Candidates (1959) ・
Caro-Kann Defense: Breyer Variation (B10) ・ 1-0


Your browser is completely ignoring the <APPLET> tag!

棋譜を見るにはブラウザ「Internet Explorer」が必要で、
「Google Chrome」では出来ません。
またJAVA アプレットがインストールされていないと棋譜が表示されません。
Javaコントロール・パネルでのセキュリティ・レベルの設定






 


タリの名局集(129局)

Mikhail Tal: Selected Games
Compiled by wanabe2000


Your browser is completely ignoring the <APPLET> tag!


Chessgames.com







麗しき女性チェス棋士の肖像

チェス盤に産みだされた芸術

毒舌風チェス(Chess)上達法

神を待ちのぞむ(トップページ)

チェス(CHESS)

天空の果実


「チェス(CHESS)」にもどる