Edward S. Curtis's North American Indian (American Memory, Library of Congress)


魅せられたもの

1998.8/27








希望


この体内を創造主の息吹が吹き抜けていく。一つ一つの生命体の姿・形が

異なるように、この創造主の息吹の音色は異なる響きをもってまた新たな風

を産み出す。しかし、天頂から足の裏にいたるこの通り道を私たちは個人

主義の名のもとに、このトンネルを爆破し遮断している。そして後に残った

ものは、私さえよければ、今さえよければという完全に他の生命体から隔

離し、つながりを失ってしまった退廃的な生命。そしてこの生命は他の多

くの生きとし生けるものの犠牲を要求しつづけていく。樹は訴える。どんな

に私の回りに漂う空気が汚染されたものであろうとも、私の地下にはった

根がどす黒いものしか見つけられなかったとしても、私の生命に創造主

の息吹が吹き抜けている限り、わたしはこの息吹から産まれ出る音色を

他のものと分かち合うのだ。オガララ・ラコタ族のブラック・エルクは言う。

「いちばん重要な、最初の平和は、人の魂のなかに生まれる。人間が宇宙

やそのすべての力とのあいだに、つながりや一体感を見いだせたとき、その

平和が生まれるのだ」。菩薩の犠牲死を生きた宮沢賢治にとって動物や植

物すべての生命が心をもっていると感じ、次のように言う。「自我の意識は

個人から集団社会宇宙と次第に進化する。この方向は古い聖者の踏みま

た教へた道ではないか。新たな時代は世界が一の意識になり生物となる

方向にある。正しく強く生きるとは銀河系を自らの中に意識してこれに応じ

ていくことである。われらは世界のまことの幸福を索ねよう。求道すでに道

である」。私自身時々この世界の未来に対して絶望的になることがある。

ブラック・エルクなどの先住民族の方たちや賢治の体内に吹き抜けてい

た風のトンネルが、退廃的な生命によって今でも壊されつづけている。

しかし、だからと言って私自身のトンネルを自ら塞ぐことは許されない。

この創造主の息吹から産み出される波動を失うこと、それは私自身が

他の生命体とのつながりを絶ってしまうことと同じことなのだ。もし私の体

内を吹き抜ける創造主の息吹が一つの美しい旋律を奏でるとき、その

ときはじめて他の生命のさまざまな旋律を、一つの交響曲として聴きと

ることが出来るのだろう。確かにこの世界に希望を見出すことは難しい

かもしれない。だが創造主の息吹がこの世界に吹き抜けている限り、

希望が存在している。一人一人がこの風に身をゆだねるとき、未来へ

の希望が大地に花咲くにちがいない。

(K.K)


 


次の「魅せられたもの」の言葉へ

未来をまもる子どもたちへ







夜明けの詩(厚木市からの光景)

雑記帳(魅せられたもの)

美に共鳴しあう生命

神を待ちのぞむ(トップページ)

魅せられたもの

天空の果実


神を待ちのぞむ トップページ


「魅せられたもの」に戻る

サイトマップ