Edward S. Curtis's North American Indian (American Memory, Library of Congress)


心に響く言葉

1997.1.5








沈黙によって、体と精神と魂と、完全なる均衡が保たれる。

自分の存在を、ひとつの統一として保っていられる人間は、

生活にどんな波風がたとうとも、いつまでも平静で、動揺し

ないでいられる。木の葉が揺れても、湖のきらめく水面に波

紋がおころうとも、平静でいられる。文字を持たなかった私

たちの賢者にとっては、これこそが理想の態度であり、最上

のふるまいだったのである。・・・・・・・・・・・・・・

「沈黙とはなんですか」と問われたら、賢者はこう答えるだ

ろう。「それは、大いなる神秘だ」「聖なる神秘、それは大

いなる神秘の声なのだ。」・・・・・・・・・・・・・・・

「沈黙すれば、何が得られるのですか」と問われたら、賢者

はこう答えるだろう。「それは、自分を自分自身で支配する

こと、真実の勇気であり、持続力であり、忍耐力であり、品

位であり、敬意なのである。沈黙は、人格の礎石である」と


オヒイェサ、インディアンの現代作家の言葉

「インディアンの言葉」 ミッシェル・ピクマル編 中沢新一 訳 紀伊国屋書店より


 


この言葉は、同じくインディアンの首長ルーサー・スタンディング・ベアの言葉

の中に出て来る。「首長ルーサー・スタンディング・ベアの言葉」を参照されたし。



未来をまもる子どもたちへ

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

次の「心に響く言葉」へ







夜明けの詩(厚木市からの光景)

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

美に共鳴しあう生命

心に響く言葉

天空の果実