Edward S. Curtis's North American Indian (American Memory, Library of Congress)


心に響く言葉

1997.5.4








私たちの子供たち、孫たちそして地球に生きる多くの生命の存続のためにも、

地球自身が癒されなければならないからです。今、癒されなければ、手遅れに

なってしまうからです。母なる地球はできるだけ多くの生き物に大きな被害が

出ないように、十分に気づかっています。でも、母なる地球の病状が中途半端

なものではないだけに、人間やほかの動物にとって厳しい試練となることは仕

方のないことなのです。この試練から私たちは多くのことを学ばねばなりませ

ん。母なる地球を癒すのは私たち、一人ひとりだからです。私の母なる地球

からのビジョンは告げます。「我々のエネルギーは個人的な安楽のためだけ

に使われるべきではない。我々すべてを破壊へ導く心の貧しいわずかな人々

の力をなくすため、いまこそ集え」と。・・・・・・・・・・・・・・・・・





我々が学んできたことは、より多くのものを与えれば与えるほど自分の人生が

豊かになるということです。物質的なものだけでなく、あなたの知識や技術、能

力を、そして愛や思いやりといった価値あるものを計算することなく与えること

が幸せにつながります。真の豊かさとは、多くのものを与えられるあなた自身

の内にあるのです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




ホーク・フー・ハンツ・ウォーキング(チェロキー族のメディスンマン)の言葉

「プレアデスの知恵」 薗田綾 著 総合法令より


 


ホーク・フー・ハンツ・ウォーキング(歩きながら狩りをする鷹)の知恵・預言・癒し

の教えを、著者が忠実に紹介する。彼の慈愛に満ちた言葉が心に叫びとして残る聖

なる芳香に包まれた著作。傲慢な人間が繰り広げる、母なる地球への、そして大地

に共に立つ生命への殺戮・暴力。ホーク・フー・ハンツ・ウォーキングの言葉はまさ

に母なる地球とそこに生きるすべての生命の声の代弁者である。彼が日本の人々に

送った来るべき未来へのメッセージを多くの方に読んでいただけたらと思います。

(K.K)


ホーク・フー・ハンツ・ウォーキングからのメッセージ

雑記帳「魅せられたもの」1997.5/4を参照されたし

ホピ族の長老マーティン・ガスウィスーマから日本人への伝言



アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

次の「心に響く言葉」へ







夜明けの詩(厚木市からの光景)

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

美に共鳴しあう生命

心に響く言葉

天空の果実