ホピ族 カチナ ポストカード「Beatutyway」より引用




カチナ 

「アメリカ先住民の宗教」P・R・ハーツ著 西本あづさ訳 より引用 





最も複雑で神聖な衣装といえば、ホピ族やその他の南西地方の部族のカチナの衣装であろう。

カチナとは、ホピ族が最初に地下から現れた時に儀式や習慣を教えてもらった神聖な祖先の

精霊たちである。カチナは何百もいるが、それぞれが一目ですぐに見分けられる独特な様式化

された特徴を持っている。カチナにはいくつもの自然界を象徴する要素が含まれている。彼らは

動物の精霊と植物の精霊の両方を体現しており、それと同時に、空や太陽、天候、戦い、怪物、

聖なる道化など多くのものを表している。彼らは精霊の世界を象徴しているので、その姿は写実

的である必要はない。例えば、あるカチナの髪は小麦や羽根、あるいは花でできているかもしれ

ないし、場合によっては、雨が降る様子を暗示するためにそれが切られることもあるだろう。顔

は、虹であったり、動物の鼻であったり、縞や図案の組み合わせだったりする。さらにカチナは、

例えば特定の動物の毛皮や、特徴ある模様の毛布、武器、楽器、植物といった、はっきり目安

になる特別な品を持っていたり、身につけていたりする。ホピ族の人々は、カチナの衣装と仮面

をつけた踊り手には、そのカチナの精霊が宿ると信じている。カチナの踊り手を通じて、部族の

人々の祈りは宇宙の高き存在の力により速く届くのだ。


 


2012年2月26日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。

画像省略

ホピ族カチナ



カチナとは精霊のことであるが、今から20年前に聞いた奇妙な話が心に残っている。当時

カトリック信者の掲示板があり、名前は失念したが、大学の講師の方も書き込みをしていた。

その方は哲学が専門で、一時デンマークだったか北欧に留学していたとき、その国のおばあ

ちゃん達が全く不思議そうな顔も見せず、当たり前のように「妖精を見たことがある」と話す

のを聞いて驚いてしまったと書き込んでいた。



私はまさかそんなことがあるわけがない、と最初に思ったが、その方がでたらめを書き込む

ような人でないことはそれ以前の書き込みなどなどから知っていたし、カトリック信者でもある

彼がそんな話を敢えて持ち出すわけがないと思い真剣に聞いていた。



私は妖精に限らず精霊を見たことはないのだが、それから何か違う世界がこの世にあるの

ではないかと漠然と感じたりもしていた。正直今でもこの話をどう捉えていいのか私にはわか

らないが、北欧のおばあちゃん達が見たものを否定することは、そのおばあちゃんの存在

自体を否定することに繋がることは確かなことだ。



自分の経験や価値観で、人の存在を否定することほど傲慢なことはない。相手の視点と同じ

目で見ることは不可能だが、自分が相手の視点まで降りていく(見下すという意味ではありま

せん)努力なしには自分との接点は見つからないだろうし、他者の存在という重みを自分の

心に感じることもない。



偉そうに書いてしまったが、過去に白人達がインディアンに自分たちの文化や宗教を強要

たのと同じように、私も他者に対して日常の生活の中で同じことをしているのではないかと

いつも思う。ただ相手の視点が他者を抹殺するようなものである場合は、戦うことを恐れては

いけないのかも知れない。



☆☆☆☆



トウモロコシ畑の片隅で、

鳥たちが歌声をあげ、

ひとつになった幸せを歌いあげるだろう。

彼らは、宇宙の力と、

あらゆるものの創造者との調和に合わせて

歌声をあげるだろう。

鳥が歌い、そして人々も歌い、

やがて命の歌がひとつになる。



ロングヘヤー・カチナの歌(ホピ族)

「風のささやきを聴け」より引用

☆☆☆☆



(K.K)



 







夜明けの詩(厚木市からの光景)

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

影響を受けた人・本

ホピの預言(予言)

神を待ちのぞむ(トップページ)

天空の果実


神を待ちのぞむ トップページ


日本ユニセフ協会(子供たちに笑顔を)

最初に戻る

サイトマップ



AllPosters