「双眼鏡クラブ」

白尾元理著 誠文堂新光社 より引用






本書はこれから双眼鏡を購入したい
人にとっては、非常に参考になる本で
あり、双眼鏡を通して自分が何を見たい
のかという目的をはっきりと認識させて
くれる優れた文献です。国内外の著名
な多くの双眼鏡の写真並びに性能や
特徴を掲載することによって、比較検討
することが容易であり、自分に合った
双眼鏡に出会えるための多くの判断
材料を与えてくれます。

(K.K)






目次

○双眼鏡の構造

○双眼鏡の歴史

○双眼鏡の基本的な使い方(最初の調整法)

○双眼鏡の種類

ガリレオ式双眼鏡

プリズム式双眼鏡

ポロ型双眼鏡(ツァイス型、ボシュロム型、コンパクト型)

ダハ型双眼鏡

○双眼鏡のブレを防ぐ

○双眼鏡の基本性能

○フィールドスコープで見る

○フィールドスコープで撮る

○こんな双眼鏡を使ってみたい

○こんな道具もある

○双眼鏡の光学知識

○星を見る

○野鳥を見る

○目的別双眼鏡の選び方


 


白尾元理

1953年、東京都台東区に生まれる。東京大学理学系大学院修士課程終了。

サイエンスライター・写真家・小学校以来の天文ファンだが、高校時代にアポロ

の月着陸に感動し、大学では地質学を専攻する。地質のフィールドワークを通

じて双眼鏡の威力を実感し、以来、双眼鏡マニアとなる。多数の双眼鏡を持っ

ていたが、世話になると双眼鏡をプレゼントする癖があり、現在手元には6台

しか残っていない。1997年の2−4月には巨大彗星ヘール・ボップが接近し、

双眼鏡を片手にモンゴル、フィンランドと飛び回っていた。著書に「双眼鏡星空

ウォッチング」(丸善)、「図説 月面ガイド」(共著 立風書房)、「空から見る

日本の火山」「空から見る世界の火山」(いずれも共編著、丸善)ほかがある。








双眼鏡で見る春の星空 双眼鏡で見る夏の星空

双眼鏡で見る秋の星空 双眼鏡で見る冬の星空

天体観測に適した小・中口径の双眼鏡

天体観測に適した大口径の双眼鏡

(映し出されるまで時間がかかる場合があります)

いい双眼鏡とはどんなもの

雑記帳(魅せられたもの)

神を待ちのぞむ

天空の果実

「天空の果実」に戻る