2009年版 望遠鏡・双眼鏡カタログ」

望遠鏡・双眼鏡カタログ 編集委員会 編 地人書館







目次(地人書館ホームページより引用)


第1部 ここ2年間に登場した話題の天体望遠鏡・双眼鏡 Topics & Trend

前号が発売された2006年から現在までに登場した望遠鏡・双眼鏡は、いったい
どんな機種だったのでしょうか。
特にここ最近は、天体写真分野でも大多数の人が使うようになったデジタル一眼
レフが、メーカーの新製品開発にも大きな影響を与えているようです。今やデジタ
ル一眼レフも1000〜1200万画素クラスが標準の時代、この超高画質に対応する
新設計の光学系を採用した望遠鏡もいろいろと現れてきています。
21世紀に入ってから早くも4巻目となる2009年版では、そうした最新の望遠鏡や
双眼鏡・スポッティングスコープなど、この2年間に登場した話題の機種を取り上
げます。

第2部 メーカーが推薦する名機 Makers' Best Choice

我が社の望遠鏡はずばりココが自慢!設計者自身にセールスポイントを語って
いただくこのページは、読者の方にとってカタログ以上に貴重な資料となります。
製品開発者としての誇りや、苦労した点などをダイレクトに読者の方へ語りかけ
ます。望遠鏡、双眼鏡、アイピースをはじめ、天体観測に役立つアイテムを積極
的に掲載いたします。

第3部 自慢の愛機 User Report

天文ファンにとって最も心がはずむのは、あこがれの機種を購入するとき。でも、
初心者として初めて望遠鏡を買うときは、どんな機種を選んだら良いのか、大い
に悩むもの。また、ベテランでも、器材をグレードアップしようとする際は、より一
層迷うはずです。
こんなとき頼りになるのは実際に望遠鏡を使いこなしている先輩のアドバイスで
す。そこでこのコーナーでは愛機の購入動機や性能について語ってもらいます。
カラーページにきら星のごとく並ぶユーザーリポートは、悩める初心者にとって、
またベテランにとっても、望遠鏡選びに最も役立つ情報となるでしょう。

第4部 特 集 Special Program

1.天体望遠鏡・双眼鏡選びのポイント

屈折・反射・カタディオプトリックなど、さまざまなタイプがある天体望遠鏡。口径・
倍率・使用プリズムなどにいろいろなバリエーションがある双眼鏡。初心者にとっ
ては、いざこれらの製品の購入を思い立っても、いったいどんな機種を選べば良
いのかよくわからず、けっこう悩むもの。そのような人たちに、かんたんな望遠鏡・
双眼鏡の性能の見方などの基礎知識をレクチャーし、目的別にお薦めの機種を
さぐっていきます。

2.「2009.7.22 中国・トカラ列島大皆既日食」を観測しよう!!

2009年7月22日には、最大皆既継続時間6分40秒近くにも達する大皆既日食帯が
日本列島のすぐ南を通過します。皆既帯は屋久島〜トカラ列島〜奄美大島を通過
しており、また中国大陸では、上海が皆既帯の中心付近に位置するほか、皆既帯
が中国南部を横断して、インドまで達する今世紀最大級の大皆既日食です。この頃
は、大日食ブームが起きるに違いありません。そこで今回は、2009年版ということも
あり、この皆既日食についての各観測地の詳しい情報と、皆既日食観望・撮影ガイド
などについて、詳しく解説するコーナーを設けます。実際に現地取材を行った者が
リポートする予定です。

3.1970年代を飾った「往年の名機」&「往年の迷?機」

アポロが月面着陸した1969年以降、1970年代はある意味、現在の天文ファンの主流
を占める40歳台〜50歳台の天文ファンにとって、望遠鏡もカメラも最も郷愁を感じさせ
る機種がひしめいていた時代でもありました。そこで今回は、1972年に発行された
「天体望遠鏡のすべて」創刊号をはじめ、1970年代に発売された「天体望遠鏡のすべ
て」の記事や望遠鏡の写真などをそのまま引用する形で、「望遠鏡・双眼鏡カタログ」
編集委員会が独断と偏見?により、1970年代を飾った「往年の名機」と「往年の迷?
機」をピックアップ、写真と解説付きで詳しく紹介することにします。

第5部 総合カタログ General Catalogue

近年アウトドア・ブームによって、天体に限らず、野鳥や野生動物などを観察対象とし
たネイチャー・ウォッチングの道具として、望遠鏡や双眼鏡への関心が高まっていま
す。こうした状況を受け、望遠鏡をはじめとする光学器械の性能はますます向上し、
さらに、設計段階から自然観察などを考慮した製品も数多く見受けられるようになり
ました。『総合カタログ』では、現在国内で販売されている天体望遠鏡、双眼鏡、およ
び地上望遠鏡を数多く掲載いたします。

1.口径別天体望遠鏡カタログ
屈折式、反射式、カタディオプトリック光学系の3タイプをそれぞれ口径別に掲載。統一
された性能表示で読者の方の便をはかります。

2.双眼鏡カタログ
双眼鏡は、天体観望、野鳥観察、スポーツ観戦など、あらゆるシーンで活躍します。
本誌では口径3cmクラス以上の各メーカーの双眼鏡を掲載いたします。

3.スポッティング・スコープカタログ
双眼鏡並みの機動力がありながら、天体観望も可能なスポッティング・スコープ、
フィールド・スコープは、まさにオールマイティ・テレスコープ。専用接眼レンズのスペックは、
別表で掲載しました。


 







双眼鏡で見る春の星空 双眼鏡で見る夏の星空

双眼鏡で見る秋の星空 双眼鏡で見る冬の星空

天体観測に適した小・中口径の双眼鏡

天体観測に適した大口径の双眼鏡

(映し出されるまで時間がかかる場合があります)

いい双眼鏡とはどんなもの

雑記帳(魅せられたもの)

神を待ちのぞむ

天空の果実

「天空の果実」に戻る