「3Dしかけ図鑑 アトラス キッズ宇宙地図」

国立天文台天文情報センター長 渡部潤一 監修 椿正春 訳 主婦の友 より






子どもの好奇心を育てる、しかけのいっぱいのわくわく宇宙図鑑

ぺーじをひらけば、宇宙がとびだしてきます。

○宇宙はどうやってできたの?

○太陽系の惑星をくらべてみよう。

○彗星や流星はどうしてあらわれるの?

○北半球と南半球の星座ってどうちがう?

○ブラックホールってなに?

○宇宙旅行と国際宇宙ステーション

○宇宙人っているの?

めくる、とびだす、まわす、ひっぱる、たくさんのしかけで宇宙を体験!


この本の使い方(本書より引用)

見て、読んで、さわって学べる『キッズ宇宙地図』をじょうずに活用して宇宙なんでも

博士になりましょう! この本をひらくだけで、太陽系の惑星、恒星、彗星、銀河系

で発見されたブラックホールなど、ありとあらゆる天体をめぐる旅にでかけることが

できます。また、天文学や宇宙旅行にかんする最新情報を手に入れることもできま

す。ひらくと絵がとびだしてくるしかけ、おしたりひいたりすると、絵がかわるしかけ、

めくると別の絵があらわれるしかけで、宇宙のことを楽しく学びましょう。大切なこと

がひとめでわかるデータファイルがついています。



 
 


目次

この本の使い方

目次

宇宙



わたしたちの太陽系・・・太陽系の惑星と地球の衛星

太陽系

太陽

水星

金星

地球



火星

木星

土星

天王星と海王星



そのほかの天体

冥王星と準惑星

彗星、流星、小惑星

銀河と銀河系

北半球の星空

南半球の星空

星雲

ブラックホール



宇宙のなぞに挑む

天文学

宇宙旅行

宇宙ステーション

地球外生物はいるのか



さくいん



天空の果実 に戻る







双眼鏡で見る春の星空 双眼鏡で見る夏の星空

双眼鏡で見る秋の星空 双眼鏡で見る冬の星空

天体観測に適した小・中口径の双眼鏡

天体観測に適した大口径の双眼鏡

(映し出されるまで時間がかかる場合があります)

いい双眼鏡とはどんなもの

雑記帳(魅せられたもの)

神を待ちのぞむ

天空の果実


「天空の果実」に戻る