未来をまもる子どもたちへ





銀河のシルエット(渦巻き銀河NGC3314)

ハッブルスペース望遠鏡最新画像のページ


皆はこの銀河を見てどんなふうに説明するだろう。二つの銀河が合体したものと映るかも知れ

ないね。実はこの銀河は全く違うものなんだよ。背後に輝く大きな渦巻銀河(NGC3314b)の手前

に、もう一つの渦巻銀河(NGC3314a)が位置しているためにこのように見えるんだ。地球から見

ると、このような銀河のシルエットに見えてしまうんだけど、このような姿はとても珍しいものなん

だ。この銀河までの距離は約1億4000万光年で、南天の「うみへび座」の方向に輝いているんだ

よ。さて、中央付近が赤く輝いている部分が見えると思う。これは背後の銀河の中心核で、手前

の銀河の星間ガスやダストの影響で、赤く見えるんだ。これと同じような現象が、いつも皆が見て

いる赤い夕日だね。そして手前の銀河の腕にある暗黒星雲が、背後の銀河の輝きによりはっき

り見えているけど、何故暗く見えるかと言うと、ダストが多く含まれていると考えられているんだ。




天空の果実 に戻る







双眼鏡で見る春の星空 双眼鏡で見る夏の星空

双眼鏡で見る秋の星空 双眼鏡で見る冬の星空

天体観測に適した小・中口径の双眼鏡

天体観測に適した大口径の双眼鏡

(映し出されるまで時間がかかる場合があります)

いい双眼鏡とはどんなもの

雑記帳(魅せられたもの)

神を待ちのぞむ

天空の果実

「天空の果実」に戻る