未来をまもる子どもたちへ





巨人の目(惑星状星雲NGC 6751)

ハッブルスペース望遠鏡最新画像のページ


わし座にあるこの巨人の目は、地球から約6,500光年のところに輝いている。惑星状星雲という

名前は今まで何度か見てきたね。私たちの太陽と同じ程度の質量をもつ恒星が死を迎える時、

大量のガスを放出するんだ。このとき恒星の外層が失われ、熱い恒星の殻が露出することにな

るんだけど、この殻からは強力な紫外線が放出され、周囲のガスを光らせるんだね。この巨人の

目は、数千年前の星雲中心にある熱い星から放出されたものなんだ。この中心星の温度は14

万度Cという猛烈な温度になっている推定されているんだよ。この私たちの太陽の表面の温度が

6000度Cというからその猛烈な熱さには圧倒されてしまうね。実は私たちの太陽も60億年くらい

先には死を迎えると言われている。そしてその時には、この巨人の目のような姿を映し出すかもし

れないんだよ。さて、上の画像で青く光っているガスはもっとも高温なところで、オレンジと赤いガス

は比較的低温のガスなんだけど、この低温ガスの起源はよくわかっていない。そしてこの星雲は

毎秒40kmという速度で拡散を続けており、この星雲の直径は私たちの太陽系の直径の600倍ほど

のひろがりを持つものなんだ。




ここには夏の星座が現れているよ。巨人の目の左上に位置しているのがわし座

のアルタイルだよ。この付近にに明るく映っているのが天の川なんだ。そして右下

に見えるのが、さそり座。わし座のアルタイルは16光年の距離だけど、巨人の目

は同じわし座でありながら6500光年も離れたところから輝いているんだ。


天空の果実 に戻る







双眼鏡で見る春の星空 双眼鏡で見る夏の星空

双眼鏡で見る秋の星空 双眼鏡で見る冬の星空

天体観測に適した小・中口径の双眼鏡

天体観測に適した大口径の双眼鏡

(映し出されるまで時間がかかる場合があります)

いい双眼鏡とはどんなもの

雑記帳(魅せられたもの)

神を待ちのぞむ

天空の果実

「天空の果実」に戻る