「ロックアート 神話そしてイマジネーション」

栗津潔とN.A.R.A探検隊編 フィルムアート社 より引用











N.A.R.A探検隊は2000年、2001年、2002年と三度にわたり、ロックアート探検を

敢行した。私たち日本人と同じルーツを持つと言われるモンゴロイド=アメリカ

先住民は数万年前から連綿と連なる巨大な大地に生きてきた。ときには豊饒

を享受し、ときには飢餓に堪え、台地や渓谷を移動しながら彼等独自の文化

体系をかたちづくっていた。その移動の過程で台地に重要な図像を無数に残

していった。それはきっと文字を持たなかった彼等にとって、仲間に、他者に、

祖先の霊魂に、そして神に、ある具体的な情報、あるいは言葉に置き換えら

れない魂を視覚的に伝達する試みの証だった。ロックアートは、メッセージを

持った太古から存在するメディアアートであり、現代のコマーシャルを中心に

成り立つ様々なメディアに囲まれた日常において、それらの図像たちは私た

ちに対し、真のビジュアル・メッセージとは何かと訴えかけてくるようだ。ロック

アート展示委員会の趣旨は、この広大な自然のただなかに表現行為の真髄

を文字通り探検してきたN.A.R.Aの採集と研究を発表することである。その圧

倒的な気配を漂わす生身のアートを擬似的であるが体感してもらい、私たち

も含め幅広い人々に「表現すること」の意味を探し、自らのルーツを感じても

らうのがねらいである。この「原始の表現手段から新しい何かを感じ取る精

神」はすでにモダンアーチストたち、バブロ・ピカソ、カンジンスキー、バウル・

クレーなど・・・・彼等はその原始に注目し新境地を開いた。この精神はデジ

タル全盛の現代においてもなお生き続けている。古代人の想像力の中に

は、きっと真新しい未来、発見があるはずである。・・・・N.A.R.A探検隊

(本書・はじめに 古代人の想像力を追って より引用)


 
 


目次

ロックアート 神話そしてイマジネーション

はじめに 古代人の想像力を追って

視覚言語としてのペトログリフ概観

原始人の絵画

ペトログリフのスケッチ

ハワイ島のペトログリフについて

ペトログリフの図像を問いながら

北アメリカ南西部の文化

プエブロ・ホピ・ナバホ族アナサジの歴程◎MEMO

ロックアートについての夢想

砂漠のフルート吹き

図版構成 原始人の描いた絵画・アウラの世界

古代人からのメッセージ

探検隊の探索ルート

ロックアート探検日記

図版構成 ペトログリフ群像

図版構成 未知の世界の主役たち

神話そしてイマジネーション

世界に広がるペトログリフとシャーマンについて

あとがき

参考文献


そして、いまでも

アリゾナ・インディアンの子どもたちに伝えられたお話

カチナが歌う時

わたしたちはどう生まれてきたのか

わたしたちは木の親戚だ

砂漠の蛇たちと砂漠の人たち

鳥のパワー

海はどう生まれてきたのか

ピマの七つの星

あの星たちを見上げてごらん

人々を救ったイェイ

迷路

四番目のホピの世界


 


2012年2月6日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。

画像省略

M1(おうし座の超新星残骸:かに星雲)

前の投稿でベテルギウスの爆発を書きましたが、この画像は今から約1000年前の1054年7月4日頃

に超新星爆発した名残りの星雲を撮ったものです。金星の6倍明るく23日間に渡って昼間でも見えた

この爆発は、藤原定家の「明月記」やアナサジ族(北米西部の先住民)によっても記録されています。



かに星雲の星までの距離が6500光年に比べて、ベテルギウスはその10分の1の640光年。ですから

ベテルギウスが爆発すると、100倍(距離の二乗に反比例)も明るく輝くことになります。



☆☆☆☆



アナサジ族に関してですが、チャコ・キャニオンの西メサに「Penasco Blanco」と呼ばれるところがあり、

そこの岩面彫刻にこの超新星爆発が描かれています。



アナサジ族はかなりの天文学知識を持っていたと言われており、平原インディアンが住む地には500万

〜600万ものストーン・リング(環状列石)が残っています。その大きなものはメディシン・ホイールと呼ば

れており、これはイギリスのストーンヘンジと同じようなカレンダーの意味を持っていたのではないかと

考える人もいます。



アナサジ文化は西暦紀元に始まったと言われますが、チャコ・キャニオンから300kmにも渡って真っ直

ぐな道路が伸びており、村や重要な重要な祭祀所を結んでいました。



その後、ナバホやアパッチの部族の侵入により移動を余儀なくされますが、チャコ・キャニオンから続く

アステク遺跡、ソロモン遺跡、ケイサス・グランデに至る620km、これらの遺跡の全てが西経108度の

線の上に並べられています。その意味はわかりませんが、高度な天文学知識を持っていたことは容易

に想像することができるかと思います。



このアナサジ族の子孫が「ホピ族」と言われています。



☆☆☆☆



話は変わりますが、この「かに星雲」が位置するところは「おうし座」というところです。オリオン座に近く

「すばる」で有名なプレアデス星団が位置する星座です。



「おうし座」という星座の位置は、平原インディアンにとっても重要な意味を持っており、「白いバッファロ

ーの女」という有名な伝説に出てくる存在を星空に投影していました。有名なメディスン・マンのクロウ・

ドッグ
は次のように語っています。



「この聖なる女性がスー族に聖なるバッファローの子牛のパイプをもたらした。このパイプをもたない

インディアンなどいるはずがない。その女性が来る以前、人々はどうやって暮らすか知らなかった。

人々は何も知らなかった。<バッファローの女>が人々の頭に聖なる知識を植えつけたのだ」



☆☆☆☆



(K.K)



 







アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)に関する文献

アメリカ・インディアン(アメリカ先住民)

神を待ちのぞむ・トップページ

天空の果実

インディアンの精神文化を伝える文献に戻る