未来をまもる子どもたちへ




上の画像は双眼鏡(倍率7倍の実視界約7°)で見る冬の星空

ベテルギウス、あなたは今この時も輝きを宿しているのですか? オリオン座

距離・・・640光年





ベテルギウス、あなたは星の最後の時を迎えようとしている。あなたは太陽の20倍しか質量が

ないものの、その直径は太陽の1000倍にも達する。もし太陽をあなたに置き変えたら、その大き

さは木星の軌道上まで膨らんでしまう。



もしあなたが爆発したら、−11等級に輝き、昼間でも見える輝きが多くの人の目を奪うだろう。

太陽の視等級が約−26等級。季節によって異なるが、もし冬の時期に爆発したら昼は太陽が、

夜はベテルギウスあなたが天空に輝き、爆発の輝きが失われていく2週間の間、地球の夜を吹き

飛ばすかもしれない。冬以外の季節、それは太陽とあなたが共に昼間輝くことを意味している。



今わたしたちが見ているあなたの姿、それは640年前の姿。もしかしたらあなたは既に輝きを失い、

ブラックホールか中性子星になっているかも知れない。



超新星爆発、その威力は25光年の範囲内のすべてのものを焼き尽くしてしまう。冬の大三角を形

づくっているベテルギウス、シリウス、プロキオン。このシリウスは地球から8.6光年しか離れておら

ず、もしシリウスが超新星爆発すると地球上のあらゆる生物は焼き尽くされ死を迎える。しかし、

シリウスの質量は太陽の2倍前後なので超新星爆発は起こらず、太陽と同じく白色矮星の道を辿

ることになってしまう。



過去に起こった生物大量絶滅は、超新星爆発から出たガンマ線(ガンマ線バースト)がオゾン層を

傷つけ宇宙線が多量に降り注いだためという説もあるが真実なところはわからない。



ベテルギウス、世界中の多くの観測データが、あなたが人間的なスケールで近い将来爆発すること

を予告しているが、その時期は誰にもわからない。もう既に爆発しているかも知れないし、それは今日

起こるかも知れない。



ある学者は2012年にあなたベテルギウスが爆発すると言っている。つまり西暦1372年に既に爆発

しているというのだ。その爆発の光とエネルギーが640年かかって来年やってこようとしている。しか

し、これさえも確実にそうなるものだとは言えない。



だがベテルギウス、あなたの最後の瞬き、地球に生存している多くの目がそれを目撃することにな

るだろうことは疑いの余地がない。そしてその時、私たちの意識に何か変化が起こるのだろうか。



ベテルギウス、私が生きている間にあなたの最期の姿を目撃できるかはわからないけれど、宇宙の

多くの死と誕生の歴史があなたのなかに、そして私たち一人一人の生物の中に姿を変えながら生き続け

ていることを呼び覚ましてくれればと思う。



2011年7月20日

K.K








 




今から640年前の世界とは?(2011年基点)

遠い昔に船出した星の光は、今それを見ている人の瞳に
映し出され、そしてその心には何が刻まれるのでしょう。


 


1347年 ヨーロッパにペストが流行(〜1350)
    このころハンザ同盟の全盛期

1353年 ボッカチオの「デカメロン」完成

1356年 金印勅書

1368年 朱元璋が元を北方に追い、明を建国(〜1644)

1368年 (日本)足利義満が将軍に

1369年 中央アジアにティムール帝国が起こる

1378年 教会分裂(〜1417)

1381年 イギリスに農民一揆が起こる(ワット・タイラー)
    ティムールがアフガニスタン・イラン遠征

1392年 高麗滅亡、李氏朝鮮成立(〜1910)

1392年 (日本)南北朝の合一

1393年 ティムールがイル・ハン国を征服

 


爆発するとベテルギウスはどう見える? 

「ベテルギウスの超新星爆発」加速膨張する宇宙の発見 野本陽代・著 より引用



ベテルギウスが超新星爆発をいつ起こすのか、いまのところははっきりとはわかりませんが、爆発を

起こしたら、地球にいる私たちはどんな光景を目にすることになるのでしょうか。東京大学数物連携

宇宙研究機構の野本憲一教授のグループは、星の進化と理論に基づいてベテルギウスの変化を次

のように予測しています。



最初に地球にやってくるのはニュートリノです。星が重力崩壊を起こした直後に光の速さでやってきま

す。それを待ち受けているのが岐阜県飛騨市の山中にあるスーパーカミオカンデ。五万トンの純水を

たたえたタンクには一万一一ニ九個のセンサーがつけられており、やってきたニュートリノが水の分子

と衝突して放つかすかな光をとらえます。ニュートリノの到来は超新星爆発の先ぶれで、私たちはその

後のベテルギウスの変化を観測するべく、態勢をととのえることができます。



といっても猶予は一、ニ日、ベテルギウスが実際にどれくらいの大きさかによってかかる時間が異なり

ますが、現在の予想ではピカッと輝きだすのはニュートリノ到着から一・五日後のこと。まず、赤かった

ベテルギウスが青くなり、全天でもっとも明るい青い星になります(表面の温度が上がるので色が変わ

ります)。一時間後にはリゲル、二時間後にはシリウス、三時間後には半月くらいの明るさになります。

といっても、ベテルギウスは点に近いので、ギラギラ度は満月の一〇〇倍にもなるでしょう。もし爆発が

日中に起きたとしたら、空の一点が急に輝きだしたように見えることになります。



爆発の勢いで星が膨張し表面温度が下がることから、色は青から白へと変わっていきます。明るさが

ピークに達するのは七日目、その後、ほぼ同じ明るさが三ヶ月ほどつづきますが、色は白からオレンジ

色へと少しずつ変化していきます。この期間には日中でもベテルギウスを見ることができるでしょう。



出現から四ヶ月目に入ると、ベテルギウスの明るさはニ等級ほど急速に下がり、太めの三日月ほどに

なります。そのあとはじわじわと暗くなって、十五ヶ月後にはマイナス四等級の金星と同じくらいの明るさ

になります。こうなると、日中に見ることができず、せいぜい朝夕の薄明かりのなかで見えるくらいでしょ

う。二年半後にはニ等級、北極星と同じくらいになり、四年後には六等級、暗いところでかろうじて肉眼

で見える明るさになり、その後は双眼鏡や望遠鏡が必要になります。



しかし、実際にはベテルギウスはもっと明るく見えるかもしれません。というのは、ベテルギウスのまわり

には、かつて放出されたガスやチリがあるので、それらがベテルギウスの光を反射して、さまざまな色で

輝くと思われるからです。



もしベテルギウスが超新星爆発を起こしたら、私たちはいまだかつてない宇宙の大イベントを目にする

ことになるでしょう。明るさの変化、色の変化などを楽しむことができます。しかし、祭りは永久につづく

わけではありません。爆発から二年たつと、ベテルギウスは今より暗くなってしまい、あとは暗くなる一方

で、やがて姿を消してしまいます。冬の大三角は見られなくなり、右肩を失ったオリオンもまた、オリオン

らしさを失うことでしょう。ベテルギウスの爆発を見たいような見たくないような、ちょっと複雑な思いがし

ます。



Betelgeuse - Wikipedia, the free encyclopedia ベテルギウスの大きさ(大きな画像)




2012年12月3日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。 



(大きな画像)

月暈(白虹) スペイン、グアダラマ山脈にて(写真はNASAより引用)



日本では月暈(つきがさ、げつうん)、白虹(はっこう、しろにじ)と呼ばれるこのこの光の輪は、

月に薄い雲がかかった際に、この雲を形成する氷晶がプリズムの働きをして起こす現象の

ようです。



この写真は先週の土曜日に撮られたものですが、良く見ると二つの輪が見えると思います。



また月の下にはプロキオン、シリウスベテルギウスが形作る「冬の大三角」やオリオン座

見え、右側には木星「おうし座」の中で明るく輝いています。



もっと目を大きく広げると、月を取り囲むように一等星たちが「冬のダイヤモンド」を形作って

います。



太陽に同じような現象が起きることを日暈(ひがさ、にちうん)と言うそうですが、私はこの現象

は「日輪」だとずっと思っていました。



昔の中国では、太陽に光の輪が出来ることは「兵乱や大乱の兆し」と言われてきましたが、

日本では逆に縁起がいい現象とされているようです。



月の場合はわかりませんが、私がもしこのような光景に出会ったら、天に吸い込まれてしまい

そうな幸福感に包まれるかも知れません。



 

2012年11月15日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。 



(大きな画像)


惑星状星雲「フレミング1」(写真はヨーロッパ南天天文台よりら引用)



惑星状星雲とは老いて膨張した恒星がその外層を放出して出来たガスのとばりで、私たちの太陽も今から約63億年後に

赤色巨星を経て惑星状星雲になります。。



私たちの太陽は、誕生から現在まで30パーセントほど明るさを増していると考えられていますので、地球の生物は10億年

後(23億年後という説もあります)には高温のため生存できる環境を失ってしまいます。



アンドロメダ銀河が私たちの天の川銀河に衝突する40億年後、地球ではこの壮大な光景を目にする生き物はいないで

しょうが、天の川銀河のどこかに生き延びた人類が触れることができるかもしれません。



夜、いつ超新星爆発をしてもおかしくないオリオン座のベテルギウスの赤い光を浴びながら、「その瞬間に立ち合わせて

欲しい」とお願いしてきましたが、私たちの単調と見える一日一日も実はこのような神秘の連続かもしれませんね。



話を戻しますが、写真の惑星状星雲「フレミング1」が何故このように綺麗なS字ジェットを持つのか謎とされていました。



今年11月8日公開されたヨーロッパ南天天文台の観測結果によると、この惑星状星雲の中に、星の最後の姿である高温

高密度の白色矮星が2個(連星)あることがわかりました。



そしてこの2個の白色矮星が互いを僅か1.2日周期で公転することがわかり、この連星の働きによりこのような綺麗S字

ジェットが生まれたと考えられています。



惑星状星雲という星の最期の姿、その姿はどれも荘厳な気持ちを抱かせてくれます。




 


2012年2月6日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。

画像省略

M1(おうし座の超新星残骸:かに星雲)

前の投稿でベテルギウスの爆発を書きましたが、この画像は今から約1000年前の1054年7月4日頃

に超新星爆発した名残りの星雲を撮ったものです。金星の6倍明るく23日間に渡って昼間でも見えた

この爆発は、藤原定家の「明月記」やアナサジ族(北米西部の先住民)によっても記録されています。



かに星雲の星までの距離が6500光年に比べて、ベテルギウスはその10分の1の640光年。ですから

ベテルギウスが爆発すると、100倍(距離の二乗に反比例)も明るく輝くことになります。



☆☆☆☆



アナサジ族に関してですが、チャコ・キャニオンの西メサに「Penasco Blanco」と呼ばれるところがあり、

そこの岩面彫刻にこの超新星爆発が描かれています。



アナサジ族はかなりの天文学知識を持っていたと言われており、平原インディアンが住む地には500万

〜600万ものストーン・リング(環状列石)が残っています。その大きなものはメディシン・ホイールと呼ば

れており、これはイギリスのストーンヘンジと同じようなカレンダーの意味を持っていたのではないかと

考える人もいます。



アナサジ文化は西暦紀元に始まったと言われますが、チャコ・キャニオンから300kmにも渡って真っ直

ぐな道路が伸びており、村や重要な重要な祭祀所を結んでいました。



その後、ナバホやアパッチの部族の侵入により移動を余儀なくされますが、チャコ・キャニオンから続く

アステク遺跡、ソロモン遺跡、ケイサス・グランデに至る620km、これらの遺跡の全てが西経108度の

線の上に並べられています。その意味はわかりませんが、高度な天文学知識を持っていたことは容易

に想像することができるかと思います。



このアナサジ族の子孫が「ホピ族」と言われています。



☆☆☆☆



話は変わりますが、この「かに星雲」が位置するところは「おうし座」というところです。オリオン座に近く

「すばる」で有名なプレアデス星団が位置する星座です。



「おうし座」という星座の位置は、平原インディアンにとっても重要な意味を持っており、「白いバッファロ

ーの女」という有名な伝説に出てくる存在を星空に投影していました。有名なメディスン・マンのクロウ・

ドッグ
は次のように語っています。



「この聖なる女性がスー族に聖なるバッファローの子牛のパイプをもたらした。このパイプをもたない

インディアンなどいるはずがない。その女性が来る以前、人々はどうやって暮らすか知らなかった。

人々は何も知らなかった。<バッファローの女>が人々の頭に聖なる知識を植えつけたのだ」



☆☆☆☆



(K.K)



 

 


2011年12月15日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。

写真省略

時々ここで双眼鏡で星を見ているのですが、夜は殆ど一人ぼっちで野生の鹿の足音が

近くに聞こえるほど静寂に包まれてしまいます。こんな暗闇にいると、「誰か怖い人が来

たらどうしよう」と思うこともあるのですが、星を見るのに夢中になっているとそんな想い

も少しは消えてしまいます。ところで昨晩、ふたご座流星群を見にこの山に来たのですが、

グループやアベックの車が数台停まっており、「あ、流れた」と大声で歓声を上げていま

した。それが朝の4時まで続いたのですが、微笑ましかったですね。時にはこんな賑やか

なスターウォッチングもいいものだと感じさせられました。流れ星の方は7時間くらいいて

30個ほどでした。月明かりがあったため暗い流れ星は見えなかったためだと思います。

ところで、この季節オリオン座が見えると思いますが、左上のベテルギウスという赤い星

に注目してみてください。近い将来この星が爆発(超新星爆発)する可能性が高まってい

ます。そうなると映画「2001年宇宙の旅?」と同じように2週間の間だけ太陽が2個空に

輝くかも知れません。その目撃者となれればと願っていますが、でも双眼鏡をのぞいて

いるときに爆発したら、失明するのかなと余計な事も心配しています。



(K.K)


 
 

2012年12月28日、フェイスブック(http://www.facebook.com/aritearu)に投稿した記事です。 



(大きな画像)


「へびつかい座」ζ(ゼータ)星、そして弧状衝撃波(写真はNASAより引用)



「へびつかい座」ζ(ゼータ)星(写真中央で光り輝く星)は地球から約370光年離れた位置にあり、

私たちの太陽より20倍も重く、8万倍の明るさで輝く星です。



かつてこのζ星は、この星よりも重い星と連星(2つの恒星が両者の重心の周りを軌道運動して

いる天体)だった時期があり、重い方の星が超新星爆発してζ星は振り飛ばされてしまったと考

えられています。



ハンマー投げで手を離したとき、鉄球が飛んでいくように、爆発した星の重力から解放されたこ

のζ星も秒速24kmで宇宙空間を突き進んでいます。



秒速24kmというと、日本列島を2分もかからず縦断してしまう速さで、地球が太陽の周りを公転

する速度(秒速約30km)よりやや遅いです。



超新星爆発は5光年の範囲内の全てのものを焼き尽くしてしまうので、たとえこのζ星の惑星に

に生命がいたとしても、全てが絶滅したことでしょう。



私たちが良く見るシリウスは地球から8.6光年しか離れていませんので、もし仮に超新星爆発

したら(実際は起こりません)地球の生物の多くが死滅してしまいます。



オリオン座の一等星ベテルギウスがいつ超新星爆発をしてもおかしくはないと言われていますが、

ベテルギウスは地球から640光年も離れているので、直ぐに地球に大異変が起こることはないか

も知れません。



写真はζ星から噴出す激しい恒星風が、周囲のガスや塵(超新星爆発の痕なのかも知れません)

にぶつかって弧状衝撃波(バウショック)を生み出しているところです。




「フラムスチード 天球図譜」恒星社編 より引用







双眼鏡で見る春の星空 双眼鏡で見る夏の星空

双眼鏡で見る秋の星空 双眼鏡で見る冬の星空

天体観測に適した小・中口径の双眼鏡

天体観測に適した大口径の双眼鏡

(映し出されるまで時間がかかる場合があります)

いい双眼鏡とはどんなもの

雑記帳(魅せられたもの)

美に共鳴しあう生命

神を待ちのぞむ

天空の果実


「天空の果実」に戻る